経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集

現在位置:人民網日本語版>>日本からニーハオ!>>医療事業の責任重大な道のり 「在日中国人医師協会」の銭勇理事長
(8)横浜山手中華学校の潘民生校長
横浜山手中華学校は百年の歴史をもつ有名な中華学校だ。同学校は1898年、孫中山(孫文)の呼びかけにより開校されて以来、日本社会および華僑社会に多くの人材を生み出してきた。
(7)中国情報サイト「サーチナ」の社長 端木正和さん
端木さんを取材に尋ねた日、サーチナの新しい広告用パンフレットが印刷されたばかりだった。パンフレットの表紙にあるキャッチコピーは、これまで使われてきた「中国への扉、サーチナ。」ではなく「アジアへの扉、サーチナ。」に変更されていた。
(6)「BAIDU」の日本代表取締役 陳海騰さん
陳海騰さんは、自分への挑戦が好きな人だ。陳さんは大学卒業後、中国国際旅行社でガイドとなる。ガイドの経験は、接客サービスおよび、突発的状況への対応能力を鍛えるのに役立った。
(5)「中文導報」の社長 楊文凱さん
電話をするたび、楊文凱さんは受話器の向こうでいつも忙しく働いているように感じた。早口で話し、慌ただしく動きまわる。それが彼に対する第一印象だった。このような感じは、テンポの速い日本社会と、競争の激しい中国語メディア業界に、とてもマッチしていると感じた。
(4)理性と感性の両立 銭祝慧さん
外国人、しかも女性が日本企業の管理職となるのはとても難しいことだろう。女性弁護士、というと、頭の中に自然と「典型的」なキャリアウーマンのイメージが浮かぶ。
アンケート
どんなジャンルで活躍する方のインタビューを見てみたいですか?
ビジネス関係全般
語学・教育関係
環境保護関係
芸能・文化関係
その他
どのジャンルも見てみたい

【第9回】

    銭勇(チエン・ヨン)さん:1962年、上海市生まれ。1985年に上海第二医科大学を卒業後、胸部外科医となる。上海で肺がん、膿胸などの臨床外科治療に9年間従事し、1994年に海外技術研究員として、島根県の中央病院心臓血管外科に勤めながら研修を行う。1995年に東京女子医科大学呼吸器外科に入学し、より高度な知識や技術を身につける。2001年に同大学の博士号を取得。2002年より医学専門家として製薬業界で医薬品の副作用について医学評価を行ったり、コンサルティングを行うかたわら、「在日中国人医師協会」の理事長を務める。

    医学を学んだ人だからだろうか、銭勇さんの第一印象は、頭が切れ、言葉にぬかりがないという印象を受けた。国内で外科医として9年 間働いたのち、業務能力をより高めようと、ためらうことなく日本へ。異国の地に身を置き、団結することの尊さをつくづく感じたという。在日華人の団結力を高めようと、大学卒業後、何人かの志を同じくする医学従事者とともに「在日中国人医師協会」を設立する。銭さんは、あふればかりの情熱で協会を設立して以 来、これまで協会の公益事業のために奔走し、数知れない心血を注いできた。

    ――在日中国人医師協会を設立したきっかけは?

    中国人の医者は日本で医師免許を取得するのが非常に難しいんですよ。中国の医学部は通常5年制ですが、日本の医師免許試験を受ける前に、医大生はまず基礎・臨床・面接・実習といった4段階の試験をクリアしなければなりません。この全部に合格してから、ようやく日本の卒業生と同じように医師免許の試験に臨めるんです。しかし、様々な理由から実際に基礎試験に合格できるのは、たった1?2% の学生だけ。このため、本当に日本で医師免許を取得できる中国人(中国籍)はほんのわずかなんです。多くの人は学位を取得しても医者になれなくて、強い失望感を味わうことになります。こんなときにひとつのプラットフォームを通じて、みんなが団結できないか、バラバラだった過去の局面をどうにか変えられない かと思い、日本にいる中国人医師が互いに交流できるプラットフォームをつくりたいと考えるようになったんです。そして06年10月、「在日中国人医師協会」を設立しました。会員は主に日本の医療・医薬研究機関で働く中国人医師をはじめ、医科大学のポスドク在籍する研究員、在学中の大学院生、研究スタッフ、臨床医のほか、日本で学んだ後中国或いは欧米で働いている医学界の人たちです。

    2007年1月に日本の内閣府にNPO資格を申請し、4月に特定非営利活動法人組織としての認証を受けました。

    同年6月1日より、「在日中国人医師協会」という名称を「NPO法人・在日中国人医師協会」に改めました。現在100人近くの会員がいます。

    NPO法人・在日中国人医師協会は設立以降、華僑界や日本社会で活躍し、数多くの公益事業を行い、華僑界や日本社会から多くの賞賛を得ています。東京マラソン組織委員会と協議を結び、07年と08年に2大会続けて東京国際マラソンに医療ボランティアを派遣し、日本オリンピック選手協会と協力して、中国大陸部・香港・台湾からの選手の医療救護にあたりました。

銭勇理事長


ページ  123
网友    中国の医師の方の日本の医師国家試験、予備試験受験の支援をしたいと思います。協力させて下さい。藤林学園 http:ipmj.jp 東京事務所 大西 [email protected].jp
コメントを書く