経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集 

現在位置:人民網日本語版>>日本からニーハオ!
(21)在日中国企業協会の趙方林会長
中国経済が急激な発展を見せる今日、多くの中国企業が海外進出をはじめている。中には、日本で様々な試練を経験しながらも生き残り、急速な発展を成し遂げた企業もある。これらの企業が急速に発展できたのは、自身の奮闘のほかに、在日中国企業協会のサポートがあったからだ。今回、在日中国企業協会の趙方林会長にインタビューする機会を得た...
(20)東洋美術学校中国水墨画科の関乃平主任教授
絵を見れば、その人柄がわかる。関先生の作品は、あいまいでぼんやりとしたタッチの中に、上品さを備えている。先生の筆にかかると、初冬の軽井沢、秋のドイツの城もまるで音のない詩のように見える。大自然の変化と、内在する格調高さを表現したその絵からは、中国水墨画の奥深さを感じることができる...
(19)日本中華総商会の厳浩会長
海外留学する中国の学生が増加するにつれ、卒業後に現地で創業する人もますます増えている。華人の伝統的な職業はかつて、「包丁、はさみ、散髪バサミ」を使った職業だったが、現在、海外のビジネス界で活躍する華人は社会の各分野にまで触覚を伸ばしている。
(18)株式会社アルバックスの代表取締役 呂娟さん
優雅でおしゃれな呂娟さんを見た瞬間、上述の様々な肩書きがイメージと一致しにくかった。呂娟さんには、想像していた女傑のような迫力はなく、明るく自信にあふれ、頭が良く、てきぱきしている。もしかしたら、男社会の国で在日華人企業家として成功できたのは、この頭のよさゆえなのかもしれない...
(17) 地位は低くとも憂国を忘れず 李光哲さん
「李光哲」、日本で留学する中国人の中で、この名を知らない人はほとんどいないだろう。同氏は、日本最大の中国人団体「全日本中国留学人員友好聯宜会(全日本中国留学生学友会)」で、最も長い期間会長を務め、在日中国人留学生が中国のために貢献できるようサポートしたり...
文字??
どんなジャンルで活躍する方のインタビューを見てみたいですか?
ビジネス関係全般
語学・教育関係
環境保護関係
芸能・文化関係
その他
どのジャンルも見てみたい

【第22回】

    符易亨略歴:日本華僑華人連合総会会長、中国華僑連合会第8期委員会海外委員。日本で生まれる。在日華僑二世。1971年より東京華僑総会に務め、現在にいたるまで約40年間、華僑関係の仕事に携わっている。

    符会長は中日国交正常化の証人であり、中日関係における多くの起伏を経験してきた。半世紀以上の間に、社会には多くの変化があり、人生には多くの苦労があった。日本で生まれ、日本で育った符会長は、少し広東なまりの中国語でインタビューに答えてくれた。

    ――日本華僑華人連合総会はいつ創立したのですか?日本各地の華僑総会との関係は?

    私は1971年、東京華僑総会で正式に仕事を始めました。日本の各地に華僑総会がありますが、全国的な組織はずっとありませんでした。

    1999年、日本中華総商会が設立しました。私はこれに啓発を受け、同年に日本華僑華人連合総会を作ったのです。連合総会のメンバーは日本各地の華僑総会です。連合総会と東京華僑総会は、共同運営し、基本的には一体です。これまで私は東京華僑総会の会長でした。中日両国が国交回復する前、東京華橋総会は大使館の役割も果たしていました。日本政府に何かあれば、東京華僑総会を通じて国内と連絡を取っていたのです。中日国交正常化の後、大使館が設立された。私たちは大使館の華僑事務部門とも付き合いがあります。

    ――連合総会の現在の運営情況は?

    連合総会は主に、各地の華僑総会からの会費で運営しています。各地の華僑総会は個人会員向けです。昔は各地の総会がゴルフ大会やテニス大会などのイベントを開いていましたが、現在老華僑(古くからの華僑)はみな年を取り、各地の華僑総会も会員が減少しつつあります。

    ――改革開放後に日本に来た中国人は新華僑といわれます。新華僑と老華僑の違いは?

    はい、80年代以降に日本に来た中国人を新華僑といいます。彼らは主に留学生で、学歴もあり、インテリが多いです。日本で就職するのも、昔に比べて簡単です。新華僑は老華僑と考え方が違います。私たちは日本で生まれ、考え方も日本人と同じです。

    もう一つの違いは言葉の問題です。新華僑はとても流暢な普通話(中国語の標準語)が話せます。一方老華僑で高齢の方は故郷の言葉しか話せません。華僑組織の会議規定では普通話を話す規定なので、老華僑はなじむのが大変です。でも現在、新華僑と老華僑の関係はますますよくなっています。今年はちょうど新中国成立60周年です。私たちは新華僑華人会とともに共同で建国記念大会の開催を予定しています。各準備は順調に進んでいます。

符易亨会長


ページ  123
コメントを書く