2014年8月6日  
 

中国の夢健康知恵袋 企画集 日本からニイハオ!

Apple新浪騰訊人民LINE微信RSS
人民網日本語版>>科学技術

緊急地震速報アプリ、救命の神器になるか?

人民網日本語版 2014年08月06日14:34

雲南省昭通市昭陽区に住む高校3年生の耿芳東さんは8月3日午後4時30分、家で静かに勉強をしていた。ふとアラーム音が鳴り、携帯電話の画面に「地震速報 揺れ到達6秒前、震源地は42キロ先、16時30分に雲南省魯甸県でM6.5の地震が発生」と表示された。これを目にした耿さんは飛び上がり、自宅のトイレに駆け込み、身を低くした。2−3秒後、強震が発生した。光明網が伝えた。

「これのおかげだった」耿さんが避難のために使ったのは、「地震予警」と呼ばれるスマートフォン用アプリだった。このアプリは、地震発生時の「救命の神器」になるだろうか?

◆中国が開発したICL緊急地震速報システム

魯甸県で発生した地震の揺れが昆明市に到達する57秒前に、昆明市の同アプリのユーザーは緊急地震速報を受信していた。

携帯用アプリで地震速報が可能なのだろうか?同アプリを開発したのは、成都市民政局および科学技術局が設立した、成都ハイテク減災研究所だ。同研究所の所長で、「千人計画」(海外ハイレベル人材招致計画)に入選した学者の王暾氏は、「同アプリは、実際には携帯型の緊急地震速報受信端末で、中国が独自に開発したICL緊急地震速報システムを採用している」と説明した。

同システムは2012年に四川省科学技術庁による科学技術成果審査に合格した。同システムは、全国一部地区の3000の地震観測機器、1カ所の緊急地震速報センター、さまざまな種類の緊急地震速報受信端末によって構成される。地震が発生すると、地震観測機器が得られた揺れのデータを緊急地震速報センターに送る。数秒間の分析・処理により、緊急地震速報受信端末(アプリをダウンロードしたスマートフォン、コンピュータ、専用の緊急地震速報受信装置など)を通じて緊急地震速報が出される。これにより、第一波が到達する前に、難を逃れる時間が生まれる。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント