2017年2月17日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

杭州の父親が新聞に一面広告で息子に「兄弟宣言」

人民網日本語版 2017年02月17日08:33

杭州の「都市快報」の5ページ目に15日、「関少塵、君との『父子関係』を解消したい」という声明が一面広告として掲載された。現代快報が伝えた。

正確にいうと、これはある父親が1990年代生まれの息子に宛てて書いた一通の手紙だ。

この父親いわく、彼の息子・関少塵くんは小さい頃は父親と一緒に遊ぶのが大好きだったが、高校から大学に進むにつれて、親子のコミュニケーションはますます減ったという。微信(Wechat)のソーシャル機能のモーメンツで息子は父親をブロックし、父親から電話にもでないことがしばしば。地元の学校に進学したにもかかわらず、実家に帰る回数は減る一方だという。

父親は、「息子との交流がますます減ったため、息子とおなじ「90後(1990年代生まれ)」の若者について調べてみようという気になった」とし、そして「90後」と息子のこの世代のやり方を理解した上で、今回の決定を下したのだという。

父親は、「天下の大悪をあえて犯す」かのような振る舞いに出たが、実際は多くの父親の心の声を代弁するものだった。父親が間違っている訳ではなく、息子も間違ってはいない。「ジェネレーションギャップ」というものはあるいは埋めがたいものなのかもしれないが、「90後」について理解し、彼らの世界に溶け込みたいとさえ思えば、その「ジェネレーションギャップ」は、たった1枚の紙のような薄さになるかもしれない。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント