2017年4月19日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

第1四半期の中国経済 好調の原因は?

人民網日本語版 2017年04月19日08:51

中国経済の2017年第1四半期(1~3月)の関連データが17日に発表された。複数の経済指標が目立って回復し、通年の成長目標の達成に向けて着実な基礎がうち立てられた。「経済日報」が伝えた。

▽4大指標が安定しつつ好転

今年第1四半期の経済運営状況をみると、経済成長率はやや回復し、構造調整は持続的に推進され、革新発展の歩みが加速し、国民生活の改善は着実に効果的に行われ、積極的要因が積み上がり増加した。工業生産が目立って加速し、企業の利益が大幅増加し、サービス産業の景気レベルが持続的に上昇し、固定資産投資が安定しつつ増加し、輸出入が急速に増加するなどデータは好調で、人々に多くの喜びを与えている。

国家統計局の毛盛勇報道官は、「中国経済は経済成長が回復し、価格が全体として安定し、雇用の規模が拡大し、国際収支が改善するという良好な局面にある」とした上で、マクロ経済の4大指標を用いて、第1四半期の経済の安定しつつよい方向に向かうという表現を大まかに説明した。

第1に、経済成長ペースが加速した。第1四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.9%増加し、増加率は前年同期を0.2ポイント上回り、前年第4四半期を0.1ポイント上回った。特に第1四半期には全国の一定規模以上の工業企業(年売上高2000万元以上の企業)の生産額の実質増加率が6.8%となり、前年同期比1ポイント加速した。またサービス産業の生産額の増加率も前年同期をやや上回った。

第2に、物価が全体として安定した。第1四半期の消費者物価指数(CPI)は同1.4%上昇し、コアCPIは同2%上昇し、安定した上昇傾向をみせた。工業生産者出荷価格指数は同7.4%上昇し、3月は同7.6%上昇で、前月比ではやや縮小した。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング