2017年9月8日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

新着|政治|経済|社会|文化
中日|科学|動画|対訳|企画
Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

海外からの帰国人材はなぜますます増えているのか?その理由は達成感

人民網日本語版 2017年08月04日09:45

中国は今、建国以来最大規模の「留学生帰国ブーム」を迎えている。世界的な競争力を持つ人材システムの構築を加速し、国と地方が人材吸引プロジェクトを続々と打ち出している中国は、海外人材に対する吸引力がまるで磁石のように強いのだ。

▽「千人計画」で約6千人の海外人材を招致

「海外帰国人材の研究は中国で花を咲かせるようにする」

2008年に「千人計画」を実施して以来、中国が招致した教授の数はその前の30年間の総数の約20倍にも達した。2016年までに、各地域が招致した留学人材数は5万4千人に上った。近年、中国はさまざまなハイレベル人材招致計画を打ち出している。これらの留学人材の先進的な技術と経験、及び強い科学研究能力と指導力は、中国の先端研究や産業の発展を力強く支えている。この点において、個人の夢の実現は「中国夢(中国の夢)」の実現と密接に繋がっている。

▽留学人材起業パークは全部で347個

「中国の起業環境には大きな可能性がある」

現在、全中国の留学人材起業パークは347個に達し、入園する企業が2万7千社を超え、同パークで起業している留学人材は7万9千人いる。留学人材の起業におけるリーダーシップは著しく、彼らは主に一線都市と二線都市の戦略性がある新興産業に集中している。政府政策による恩恵、世界で最も活発な経済、急速に成長しているハイテク産業、投資し続ける科学教育事業、国内外の「人材、プロジェクト、技術、市場、資本、場所、サービス」の全面的なマッチングプラットフォームなどが、より多くの海外からの帰国人材を惹きつけている。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント