天安門は、もともとは明と清の両方の時代に正門として使われていた。清の順治8年(1651年)、現在の形に改築され、名前も天安門と改められた。天安門は中国の象徴であり、全国各民族の人民が憧れる場所である。