かつては野菜や果物の種類も少なく、毎年冬になると、食卓に上るのは白菜のみということも多かった。しかし現在、北京市内のスーパーマーケットでは四季を通じて、さまざまな種類の野菜や果物を見ることができる。