大召は明清時代に建てられ蒙古地区で最も著名な有名な寺院のひとつ。ダライラマ3世は自ら、大召の銀仏のために開眼式を主宰した