雲南省大理に位置する剣川石窟の起源は宋の時代にさかのぼる。「西南の敦煌」として称えられ、国の重要文化財に指定されている。