杭州の西湖のほとりにそびえる栖霞嶺の南に位置する、岳飛の墓。岳飛は(1103〜1142年)押し寄せる金軍を迎え撃ち戦った南宋の将軍。傑出した民族の英雄として知られる。写真は岳飛像。