中国語版へ
このページは日本語版です
創刊号 Vol.1(2008/6/20発行)
【特集】
暖春の旅・胡錦濤主席日本訪問
中国の胡錦濤国家主席は、日本側の招請に応じ、5月6日から10日まで日本を訪問する。第11期全国人民代表大会での国家主席再任後初の外遊であり、中国の国家主席として10年ぶりの日本公式訪問となる。
四川省ブン川県で大地震
中国国家地震台網の観測によると、北京時間の12日午後2時28分、四川省ブン川県(北緯31度、東経103.4度)でマグニチュード8.0の地震が発生した。今回の地震は揺れが大きく、広範囲に波及している。寧夏、青海、甘粛、河南、山西、陜西、山東、雲南、湖南、湖北、上海、重慶でそれぞれ揺れが感じられた。
  ブン川地震が中国の発展に与える影響
ORI国際産学研究の提供より
【ニュース】
74万人の労働力が不足 深セン
中央銀行の信用情報システム 約…
長興造船基地、1期工事が完了中…
海外のオンラインホテル予約会社…
シャープ「AQUOSケータイ」中国市…
端午節連休、旅行市場が低迷 大…
メリルリンチ、中国業務を拡張
世界初、BMWの新型「X6」が香港…
中国・南アジア貿易、2年後に600…
5月のCPI上昇率、前年比7.7% 伸…
台湾、大陸直行便の不通で損失1…
貿易黒字は8.6%下降 1〜5月
北京に環境権取引所を設立へ
中国初の財産権取引研究機関…
長城汽車、ツーリングカー事業で…
電信業界「三国鼎立時代」に(1)…
電信業界「三国鼎立時代」に(2)…
電信業界「三国鼎立時代」に(3)…
大陸部の旅行業関係者39人が台…
人民銀報告、今後の9リスク 資産…
【金融市場】 中国建築、新株発行へ 今年最大のA株IPO
ドイツ証券取引市場、北京事務所設立へ
中国人民銀行、預金準備率を1%引き上げ
海外各証取所、中国企業の上場誘致に熱心
中国経済の最大リスクは物価上昇圧力
【NRIの視点】 新たな経営が求められる日本の素材産業
野村総合研究所 木村靖夫、中川隆之
【中日協力】 「新潟覚書」 東北地区の振興で中日が協力(1)
「新潟覚書」 東北地区の振興で中日が協力(2)
【産業界情報】 日本のディスペンサ製造のリーディング企業が中国市場進出
アジア人材開発株式会社 中国事務所

発行形式
『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。
サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。
E-mail:[email protected]


本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)
企画・制作・運営
このページの先頭へ
人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ