一週刊  第83号  2008年07月31日  
 

  王楠、かつての女王が狙う3度目の金メダル

 
 

       

 言わずと知れた卓球の元女王である。これまでの国際大会で、団体・個人を含めて中国で史上最多の23冠を手にし、かつて世界に君臨したトウ亜萍に続いて、五輪・世界選手権・W杯の世界3大大会制覇という偉業を成し遂げた。ここ数年、年齢のためか体力の低下が目立ち、ついに世界一の王座を若手選手に譲った。

 だが、それでも彼女は選手であり続ける。競争が激しい卓球王国・中国の代表選手となって13年。ますます磨きのかかるテクニックはもちろんだが、豊富な経験を持つ彼女は、国家チームを支える精神的な柱としての存在感も大きい。

 今年30歳。だが北京五輪では、虎視眈々と個人3度目の五輪金メダルを狙っている。

 父の影響で7歳から卓球を始め、14歳でプロデビュー。3年後に国家代表入りを果たした。ループドライブを得意とする攻撃的なプレーが持ち味。2000年、個人初のシドニー五輪でシングルス、ダブルスとも優勝し、一躍、中国女子代表のリーダー格となった。しかし2年後、釜山アジア大会の団体戦決勝で、エースとして2試合に連続出場したが、すべて敗れ、中国代表は優勝を逃した。スランプに陥った王楠は、引退も考えたという。

 「頭が空っぽになって、どうやってホテルに戻ったのかもすっかり忘れた。釜山大会から半年間、少なくとも1000回、決勝の場面を夢で見た」と当時の悔しさを語る。

 王楠は帰国後、猛練習で技を磨き、その「屈辱の敗戦」の半年後、世界選手権に挑んだ。2003年、フランスのパリで開催されたこの世界選手権個人戦で、全種目(シングルス・ダブルス・混合ダブルス)制覇し、シングルス3連覇も達成。アジア大会の無念を完全に晴らした。

 中国国家代表では2005年から、選考における年齢制限を撤廃し、たとえ世界チャンピオンであろうと、代表資格を取るには、力のある年下の選手と競わなければならなくなった。30代を間近にしていた王楠は、自身の技術アップや体力維持だけでなく、若手選手による「突き上げ」にも直面する。だが本人は全く気にしていないそうだ。「新旧交代は当たり前。若い選手がどんどん成長するからこそ、中国卓球が強くなっていくのだから」

 若手の成長と体力的な問題から、王楠は2004年頃から思うように勝てなくなり、ついに女王の座を新進の張怡寧に譲った。だが、その存在感は、少しも変わることなく、むしろ精神的な柱として、目立つようになった。

      

 今年2月、中国・広州で行われた第49回世界選手権(団体戦)の決勝。中国はシンガポールと1勝1敗の接戦を演じ、王楠は3番手として出場した。得意の変化球や的確な読みで、相手を全く寄せ付けなかった。3ー0で圧倒し、中国を8連覇に導いた。

 王楠は、3月のアジア予選を経て、北京五輪の出場権を手にした。中国女子を支える大黒柱の目標は個人3度目の五輪チャンピオン。張怡寧、郭躍ら世界トップレベルの後輩たちが"ライバル"となるが、こと五輪メダルに関しては、後進に道を譲る気などサラサラない。

 「北京五輪の決勝で勝負を分ける一球が決まったときが"引退"のとき。それまでは、全力をかけて戦う!」

(中国国際放送局日本語部より)

 
     

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-3611