一週刊  第90号  2008年10月09日 

 
 
        
   

 

 

 深セン 国慶節の夜遊び、どう過ごす?(1)

 かつて深センでこんなに静かな夜があっただろうか?10日ほど前に発生した「舞王倶楽部」の大火事が原因で、この大都市にあるほとんどの娯楽施設が静まりかえっている。2千軒を超えるという娯楽施設や人が集まる場所では、営業停止し、検査、整理が行われている。国慶節の連休期間、夜遊び好きの深セン市民はどのように過ごしたのだろうか...>>

► 深セン 国慶節の夜遊び、どう過ごす?(2)

► 深セン 国慶節の夜遊び、どう過ごす?(3)

 
 
 

 「毎日楽しく仕事をしている」わずか5% 仕事の悩み調査

仕事が楽しいかということは会社員にとってとても重要な問題だ。だが6日に発表された統計によると、「毎日楽しく仕事をしている」人は5%にすぎない。もっとも7割近くの回答者は「仕事での悩みは時折あるが、すぐに消えてしまう」としている。中華英才網の人的資源専門家によると、従業員の情緒と会社の管理とは密接な関係がある。企業管理が人間性に基づいてなされているか、会社員同士の関係が打ち解けているかは、従業員の仕事に対する気持ちに直接的に影響する。そのため、従業員のプレッシャーを軽減し、情緒を改善することは、企業側が果たさなければならない職責だと言える。一部の有名企業では最近、仕事の悩みをまぎらわすための特別休暇を休暇制度に導入しているという...>>

 
 
 日本で活躍する中国人・王明琳

 内モンゴル発の飲食チェーン「小尾羊」が話題を呼んでいる。代表料理「蒙古火鍋しゃぶしゃぶ」を食べれば、羊肉とスパイシーなスープのパワーで夏バテを解消できるというのだ。さっそく、日本で代表をつとめている小尾羊ジャパン(株)の王明琳氏に話を聞いてみた ...>>

 西安名物「羊肉泡モオ」を楽しもう

► 中国西北部、陝西省の省都である西安市は、有名な観光都市です。秦の始皇帝陵や兵馬俑などさまざまな見どころがあるほか、美味しい名物料理がたくさんあります。その中でも、軽食の「羊肉泡モオ」は特に有名です。羊肉や野菜を煮込んだスープが効いた、すいとんのような料理です...>>

 
 

 
     

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 5820-3719