一週刊  第92号  2008年10月23日 

 
 
        
   

 

 

趙薇 東京映画祭で感じた「親しみ」(1)

 ドラマ「還珠格格」で活発で可愛らしい「小燕子」を演じ、興行成績が既に2億元を突破した映画「画皮」ではしとやかな「王夫人」を演じた、女優歴10年になる趙薇(ヴィッキー・チャオ)は、芸風の脱皮を完成したように見えるが、彼女の人気はずっと変わらない。新華社の記者が先ごろ、日本の東京国際映画祭で中国映画「レッドクリフ(原題『赤壁』)」を宣伝する趙薇に専門インタビューを行った...>>

► 趙薇 東京映画祭で感じた「親しみ」(2)

► 趙薇 東京映画祭で感じた「親しみ」(3)

 
 
 

 人々の娯楽:健康法篇

交通手段や生活環境の整備、労働条件の改善に伴い、日頃の仕事で体を動かすことが以前に比べ大幅に減ってきました。特にインターネットの普及などにより、一日中コンピューターの前で過ごす人が少なくありません。このような状況は中国の大都会においても同じです。肥満などの成人病で悩まされる人が増えています。そのため、スポーツクラブ、ジムはおよそ10年前から、竹の子の如く都会の隅々に現れました...>>

 
 
 中国映画の重鎮・謝晋監督が死去

 国内外でよく知られている謝晋(シェ・チン)監督が、10月18日に故郷の浙江省上虞市で亡くなった。享年85歳。謝晋監督は1923年生まれ。『女藍5号』(1957)、『紅色娘子軍』(1960)、『天雲山伝奇』(1980)、『牧馬人』(1981)、『芙蓉鎮』(1987)、『阿片戦争』(1997)などの代表作では、多くの映画スターを輩出した...>>

 河南省安陽市の邸宅跡、馬氏庄園

► 河南省の安陽は太行山やエン河に囲まれ、気候条件も良いことから、古くから文明が発達してきました。安陽には世界的に有名なものがあります。中国で最初の王朝と言われる「殷」の時代の都跡「殷墟」です。この「殷墟」からは甲骨文字が出土しており、世界文化遺産にも登録されています...>>

 
 

 
     

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 5820-3719