一週刊  第96号  2008年11月19日 

 
 
        
   

 

 

大学キャンパスと金融危機

 世界規模の金融危機は、中国人大学生の生活スタイルや物事を処理する理念にも影響を与えているようだ。一部の学生にとっては、教室では学ぶことのできない「挫折」を経験する機会となった。 
 (1)学生トレーダー、教室に戻る  (2)バイト先で「リストラ」に直面
 (3)不況に苦しむ「学生店長」  

 
 
 

 笑顔の人や英語が話せる人が増えてきた中国

 「都市の規模がいっそう多くなり、車がいっそう多くなり、英語が話せる人がいっそう多くなってきた」と、一連の「いっそう多くなった」という表現で、中国のこの数年の変化を、カナダDPA工業有限会社(DPA  Industries  Inc.)のウィーン総裁は言い表した...>>

 
 
 自転車で中国を一人旅する富樫史生さん、無事ゴールへ

 中国を自転車で一人旅する日本人、富樫史生さんが、11月15日、無事、目的地・上海に到着しました。9月21日、東北部の長春からスタートし、約2ヶ月、距離にして約3000キロの旅でした。「千里の道も一歩から。どんなに大きな目標でも、一歩一歩、着実に頑張っていけば、必ずゴールできる」。人生の道にもつながる信念が確認できたと言います...>>

 太極拳の発祥地、河南省陳家溝村

► 太極拳は、中国で発祥した武術のひとつです。柔らかく、力強い動き。太極拳は身を守るための格闘技であると同時に、体質を改善するなど病気の治療にも役立ちます。黄河の南、中国中部・河南省温県にある陳家溝という村こそ、太極拳のふるさとと言われています。河南省の省都・鄭州市から列車や長距離バスで焦作市に移動し、そこからタクシーなどをチャーターして行くことができます...>>

 
 

 
     

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。 掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
[email protected]
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 5820-3719