中国語版へ

Vol.11(2008/12/05発行)

【特集】

道上尚史公使インタビュー-----中国の発展は日本にとって脅威ではない

中日両国首脳の相互訪問が実現した07年が過ぎて間もない今年1月末、両国が苦心して打ち固めた信頼の土台は突然の「ギョーザ事件」によって弱められた。3カ月余りの後、胡錦濤主席は「暖かい春の旅」と言われる訪日を行い、日本各界の人々と対話した。5月の四川大地震は、「もう一つの日本」を中国人に発見させる機会となり、日本の援助に感謝する声がネット上に沸き起こった。9月には福田首相が突然辞任。日本の首相の頻繁な交代は、中日関係の良好な時期は長続きしないのではないかとの中国人の心配を呼んだ。

more

【中日交流】宮内雄史

宮内雄史◆中国随想 東京大学北京代表處所長  宮内雄史

本当の姿は触れてみることから 梶山 雅生 亜細亜大学 国際関係学部国際関係学科 3年

私は高校生の時の中国短期ホームステイを機に中国が好きになり、大学で中国語や中国社会、文化や歴史を学び始め、それからというものの日中友好を目標に多くの中国人留学生と友人になり、小規模ですが日本人と中国人学生の勉強会を開いたりなどして自分なりに交流してきた。そして今回、全国から集まった日中友好を胸に抱いた30名の学生の一人として鑑真プロジェクトに参加し、小さくも大きな日中友好交流を肌で感じることができた。

相互理解への努力 江副 公紀 福岡大学 経済学部 1年

「鑑真記念・逆渡航日中青年交流計画」に参加していく中で、特に揚州大学や南京大学や浙江大学や復旦大学などの学生との交流を通して、日中関係改善に向けて私たち若者ができることで一番大切なことは、互いに相手が考えている事を理解しようと努力し続けることだと感じました。

未来に明るい希望を持てた旅 大村 真実 東海大学 政治経済学部経営学科 2年

無事に九日間の日程を終え、帰国しました。改めて、このプロジェクトを計画し準備を進め、支援してくださった関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。私はこの「鑑真記念・逆渡航日中青年交流計画」に出会えたことを本当に幸せだと思います。八泊九日の中国の旅では今後の人生において、素晴しい財産となるものを得ることが出来ました。

相手の国を知り、自国のことを伝える『意識の高さに驚き、刺激的だった中国の学生 池田 光彦 東洋大学 国際地域学部国際観光学科 2年

今回私は、中国に訪れることが初めてだったので、たくさんの期待や不安を抱えながら鑑真プロジェクトに参加しました。それ以前は本や新聞、テレビやインターネットなど、中国に関する情報をさまざまな所から得ていました。しかし、先で述べたように私は、実際自分の足で中国を訪れたことがなかったので、はっきりした中国の文化や習慣などの現状がわかりませんでした。経験不足な自分にとって、はたして日中関係改善に向けて何ができるかということを考えました。その時、やはり意識するベースの部分として、積極的に相手の国の事を知る、また逆にすこしでも多く自分の国の事を伝えるという気持ちを大事にしようと思いました。その意味で今回の鑑真の足跡をたどりながら四つの中国の大学を訪問する日中交流の旅は自分にとって良い経験になりました。

【評論】折敷瀬興

中医理論から中国経済の4兆元の「治療法」を論じる 折敷瀬興、李平霖

 中国のマクロ経済の発展を見渡すと、ここ20年の発展を見れば、発展の全体は基本的に健全で急速だ。世界的な金融危機が生じるまでの中国の経済体全体は、問題があるとすればいわゆる速すぎるスピードと過熱の現象が現れていたことで、中国特有の中医理論で言えば、中国経済は「陰虚火旺」の症状にあたるものだった。陰虚火旺とは、陽が虚して陽を制御できず、陰陽がバランスを失ったために生じる。陰陽がバランスを保つことが出来ないというのは、有機体の不調和をもたらす根本的な要素の一つでもある。急激すぎる経済の発展、不動産投資の過熱、盲目的な重複と品質やバランスを省みない過度の投資建設、自然の資源や環境の破壊、及び金融の関連サービスや政府公共サービス、経済全体の監督管理体制、公開・公正・透明な法律と社会経済の環境構築といった一連のソフト的な事業の関連分野が急速に発展する「経済データ」に追いつかなかったのが、基本的に言えば中国経済全体の主要な病原の存在するところだと言える。

中国経済、成長速度の比較的早い回復へ 国務院専門家
金融危機、中国にどれほどの影響?(1)
金融危機、中国にどれほどの影響?(2)
【ニュース】
人民元対ドルレート、大幅ダウン 1日 支付宝、国際ネット決済でソフトバンクと提携
創業ボード「タイミングみて開設」証監会主席 富士通、無錫にソフトウェアアウトソーシング拠点を開設
農業の安定・発展に4措置 発展改革委 A株市場、1年3カ月ぶりの上昇幅を記録 11月
中央銀行、貸付金利・預金準備率を大幅引き下げ パナソニックのサンヨー買収計画、交渉打ち切りか?
広州モーターショーにみる日系企業の動き 東風ホンダ「CR-V」価格つり上げ幅縮小
温家宝総理「経済政策、少数の者だけで正しい決定は困難」 中国のGDP成長率、2009年は7.5%に 世界銀行報告
上場企業の検査範囲拡大へ 透明性と規範性を高める 燃油税改革?企業は戦々恐々(1)日系企業に朗報か
燃油税改革?企業は戦々恐々(2)重トラックに不利か 北京市、不動産市場の安定化に新措置
中国貿易促進委、日本の法律事務所と戦略協力協定を締結 中国 外資系企業の設立申請が簡素化
北京市、自動車の総量規制取り止めへ 海外の自動車メーカー、中国市場に期待

【金融市場】

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)