中国語版へ

Vol.11(2008/12/05発行)

【中日交流】

相互理解への努力

江副 公紀 福岡大学 経済学部 1年

 「鑑真記念・逆渡航日中青年交流計画」に参加していく中で、特に揚州大学や南京大学や浙江大学や復旦大学などの学生との交流を通して、日中関係改善に向けて私たち若者ができることで一番大切なことは、互いに相手が考えている事を理解しようと努力し続けることだと感じました。

 相手が考えている事を理解する為にまず大切なのは、自分が相手を知りたいと思って、積極的に話しかけたりすることによって「私はあなたに興味があって、あなたの事を知りたいと思っています」という気持ちを伝えることだと思います。次に大切なのは、これはとても難しい事なのかもしれないのですが、相手も自分の事を知ってもらいたいと思わせるぐらい、魅力的な人になることだと思います。

 だから私が日中関係改善に向けて、これからしようと思うことの1つ目は、私自身が人としての魅力をつける為に、様々なことに意欲的に取り組んで、色々なことをやり遂げたり、時には壁に衝突して大いに悩んだりする事によって、様々な経験を積んでいこうと思っています。

 次に私は、「鑑真記念・逆渡航日中青年交流計画」に参加する前から、福岡大学に来ていた中国人の交換留学生2人と友人になっていたのですが、その2人は大学の前期の授業が終わると中国に帰ってしまったので(その2人との交流は続けていきますが)、これからも福岡大学に来ている中国人留学生と交流をすることによって、上に書いているような、互いに相手が考えている事を理解しようと努力し続けようと考えています。また、私と中国人留学生だけでなく、私の日本人の知り合いと中国人留学生を交流させることによって、私の日本人の知り合いにも中国人がどのように考えているのかを知ってもらい、また、中国人留学生にも、多くの日本人がどのように考えているのかを知ってもらいたいと思っています。

 そして将来的には、規模が小さいと思われるかもしれませんが、中国人が福岡大学に留学した時に、沢山の日本人との交流を通して、日本人がどんな事を考えているのか知る事ができて、また自分(中国人)がどのような事を考えているのかを知らせることができて、

 さらには、多くの日本人と色々な事をして、日本に沢山の良い思い出を作る事が出来る、サークルなどの何らかの形をした団体を作りたいと思います。

               

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)