中国語版へ

Vol.11(2008/12/05発行)

【中日交流】

未来に明るい希望を持てた旅

大村 真実 東海大学 政治経済学部経営学科 2年

 無事に九日間の日程を終え、帰国しました。改めて、このプロジェクトを計画し準備を進め、支援してくださった関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。私はこの「鑑真記念・逆渡航日中青年交流計画」に出会えたことを本当に幸せだと思います。八泊九日の中国の旅では今後の人生において、素晴しい財産となるものを得ることが出来ました。

 中国という国は大変素晴しい国でした。四千年という歴史が、素晴しい建築物や物品と共に形として残っていました。鑑真ゆかりの地を巡る日程では、大名寺をはじめ鑑真学院などを見物することができ、鑑真和上の精神を知り、実際に感じることが出来ました。また阿育王寺では一般公開されていない仏舎利を見ること出来たり、中国の歴史の偉大さと四千年間守って受け継いできた人たちの苦労があったからこそ、今こうして私達が見ていられるのだと強く感じました。その思いはきっと鑑真和上も同じだと思います。後世に残さなければいけない大切なものだと感じたからこそ、鑑真和上は命を懸けてでも仏教を日本に伝えてくれたのだと思います。千年かけた思いが今となってもしっかり受け継がれてきていることを実際に見て、感じて、これからの時代、私たちが守って大切にしていかなければいけない部分を感じることが出来ました。しかしその一方で、農村を離れて町の中心部に行くと、高層ビルの建設ラッシュという現代的な一面もありました。まさに四千年の歴史がある中国と新興国として急成長している中国が隣り合わせの状態でありました。特に上海などは、高層ビルが立ち並び夜景は中国にいても、東京を思い出させるようなものでした。まだまだ農村と都市部の格差は大きいものですが、中国の将来性は大きく農村の豊かな自然が少なくなっていくのだろうなと思いました。

 そこで私は今後の未来を担っていく者として、未来に大きな希望を持つ一方、やはり私たちが大切にしていかなければならないものが数多くあると思いました。日中交流や対話を進めていく上でも、自分の国の文化や古い伝統を大事にして、まずは自分たちが学んで好きになること。その上で、相手に伝え、相手の国を知っていく必要があると思いました。そうする事で古い文化の継承にもなるし、相手から情報を与えられるだけでなく、与えることも出来ると思います。これからの時代、急速に様々なことが便利になったり進化していくと考えられます。だからこそ大切にしなければならないものは、古い歴史や文化であり、今自分たちが平和に暮らせるようになった経緯を知る必要があると思います。私は、歴史ある素晴しい建築物が並ぶ中国と高層ビルが並ぶ両方の中国を見たからこそ、このような思いが強くなりました。まさに温故知新であり、私の心は中国の歴史に圧倒され、これからの歩み方も教わった気がします。

 そこで実際問題、日中関係改善に向けて何をしていく必要があるのか考えていかなければならないと思います。中国では四つの大学と交流をしました。私は全くといっていいほど語学力はありませんが、日本の流行のJ-POPを一緒に聞いたり、芸能人の話をして、大変盛り上がり仲良くなることが出来ました。日中関係について議論していても、両国のイメージの差は多少ありましたが、やはり皆世界平和を願っており、もっと交流の機会を増やした方がいいという意見やマスメディアの持つ影響力など、日中関係改善に向けての考え方の差はさほど無いと感じました。しかし、私たちが感じてない日本の悪い部分や改善点を指摘され、驚く部分もありました。そのように自国に居ては感じられない部分を、もっと知っていかなければいけないと思いました。また今回、一番悔しかったのは自分の語学力のなさです。グローバル化していく世界に対応する為には、語学力があることが求められるし、それも相手の国を学ぶ一つであると思います。日本に居ては不便と思わなかった語学ですが、中国に行き悔しい思いをしたことで新学期からは語学に力をいれ、残りの大学生活で絶対マスターしようと強く思いました。

 私は今回の旅で未来に明るい希望を持つことが出来ました。日中改善に向けて、両国の架け橋となる為に自分が何をしていかなければならないのかが明確になり、積極的に行動していこうと思います。それと同時に今まで目標も明確ではなく、何か張り合いのない大学生活でしたが、自分がどのような人間になるべきなのか、目指す人物像が見えたと思います。積極的に何か行動を起こさなければ、結果はでない。一人の持つ影響は小さいかもしれませんが、自分に出来ることを頑張っていこうと思います。まずは語学から。そしていろんな人と交流をし、自国を紹介し相手の国を学び理解する。私もいつかこのプロジェクトのように、若者に機会を与え日中交流を推進するようなことをしたいです。このプロジェクトを立ち上げていただいた先生方の思いをしっかり感じ、行動に移し、また伝えていきたいです。日中関係改善に向けて、まずは自分を磨き自国を理解し、国際的に求められる人材になる為に勉強することが大事だと思います。これからの未来を担っていく私たち。今回学んだことを、最大限に自分の経験として生かしていきたいです。明るい日中関係を目指して行動を起こしていくことが重要だと思います。

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)