中国語版へ

Vol.11(2008/12/05発行)

【中日交流】

相手の国を知り、自国のことを伝える『意識の高さに驚き、刺激的だった中国の学生』

池田 光彦 東洋大学 国際地域学部国際観光学科 2年

 今回私は、中国に訪れることが初めてだったので、たくさんの期待や不安を抱えながら鑑真プロジェクトに参加しました。それ以前は本や新聞、テレビやインターネットなど、中国に関する情報をさまざまな所から得ていました。しかし、先で述べたように私は、実際自分の足で中国を訪れたことがなかったので、はっきりした中国の文化や習慣などの現状がわかりませんでした。経験不足な自分にとって、はたして日中関係改善に向けて何ができるかということを考えました。その時、やはり意識するベースの部分として、積極的に相手の国の事を知る、また逆にすこしでも多く自分の国の事を伝えるという気持ちを大事にしようと思いました。その意味で今回の鑑真の足跡をたどりながら四つの中国の大学を訪問する日中交流の旅は自分にとって良い経験になりました。

 特に四つの大学訪問において、揚州大学では日常生活の習慣などについて食事をしながら話し合い、南京大学では、日本側からみた中国のイメージ、逆に中国側からみた日本のイメージについての意見交換を交わし、浙江大学では、隣にいた中国の学生と日中の食文化の違いや日本のドラマなど幅広く話し合い、復旦大学では、若者の自殺について議論し、最終的に今後どのように対策をとればよいかなど、熱く話しあえました。

 各大学での交流は日中の相互理解を深め、また、日中関係改善の新たな一歩を踏み出せたような感じがしました。同時に、日中間において、国家レベルの交流ではなく、民間レベルの交流はとても有効的であると私は強く感じました。

 今後、日中関係改善に向けて、私たち若者ができることは、今回のような民間交流などを通して、日中の人々が互いの国の魅力などを知ること、そして感じたことをほかの人に伝えていくことであると私は思います。

 将来、私は日中間の観光振興に携わる仕事をしたいと考えています。

 一人でも多くの日本人が中国に訪れ、一人でも多くの中国人が日本に訪れ、互いの国の文化や習慣などを直接目と肌で感じ、理解しあうこと。それができれば、日本人はもっと中国という国を好きになれるし、中国人も日本という国をもっと好きになってくれると私は思います。

              

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)