中国語版へ

Vol.13(2009/1/5発行)

【特集】

第8回中日産学フォーラム――米国の金融危機と中国経済

皆様ご存知の通り、現在世界では金融危機が出現し、中国も多くの方法を採用して対応しています。私が今日論じる問題は主に3つあります。1つは米国の金融危機の発展、基本制度、静態的な構造と動態的な変化のプロセスです。2つ目は、危機について最近多くが論じられていますが、私は別の角度から分析した上で、それがどのような教訓を持つのか総括、回顧したいと思います。中国については、我々の政策が危機自身に適切かどうか、他国で起こった問題に対して、我々の対処法が大きく異なりすぎるのは不適切でしょう。3つ目は危機が中国にどんな影響をもたらし、どんな啓示を与えるかです。影響は直接的な影響と間接的な影響、及び政策構想の影響に分けられます。 more

【評論】

新しい世界――2008年米日中経済の総括 李平霖

2008年の米日中3カ国の経済について総括しようとする時、頭の中に突然、ネットで流行中のあるジョークが浮かんだ。
神とマルクスがいっしょにお茶を飲んでいるとき、神が言った。「人類は自分たちが全てをコントロールすることができると思い込んでいるが、たかがサブプライム危機1つで私は世界を変えることができた。この事実が証明するように、私は正しいのだ。」
マルクスは神に言った。「それなら私も正しいです。人類社会はついに資本主義から社会主義へと向かいつつある。どうやら階級対立と暴力革命は必要ないようですが、経済危機があれば十分でしょう。世界中の国が社会主義政府のような機能を実行しだす時、市場と政府の矛盾によって、人々は私の予言へとまた一歩近づくのです。」

「変」の1字が語り尽くす転変

複雑な世相、動乱の頻発。人類の社会史の過程における2008年を1字で概括するのに「変」の字は相応しく、すでに始まった2009年を1字で展望するのにも間違いではない。海外メディアが選んだ2008年の流行語トップ10の多くで「変革」(Change)が首位を占めた。日本の清水寺の森清範貫主は昨年末、長さ1メートル50センチ、幅1メートル30センチの大きな紙に、日本の「今年の漢字」を揮毫した。「変」の1字は、書き下ろされる間に様々な事柄を表現し尽くした。

【中日交流】

日中若者の意識の違いはあっても相互理解は進む〜日中青少年友好交流年に思う 
東海大学 政治経済学部 教授 小野豊和

 米国発の金融危機が世界の市場に大きな影響を与え、企業と直接の雇用契約がない非正規労働者が仕事を失う時代を迎えています。世界の市場を席捲してきた日本の自動車業界においても、トヨタは「正社員と内定者は守る」と言いながら生産調整をせざるを得ない状況に追い込まれています。トヨタは否定したとしても、気になることは大学生の“内定取り消し”です。新たな巣立ちを夢見てきた彼らの心に大きなショックを与え、立ち直れるだろうかと危惧しています。格差社会と自殺が社会問題化される時代の中で若者はどのように生きようとしているのだろうか。

【ニュース】
中国 3Gへの投資、来年と再来年で2800億元 「中国 外資の無責任な撤退に対し、法的追求を表明」
石油製品の消費税改革、来年から実施へ 社会科学院マクロ経済専門家「来年は期待できる」
鉄道建設に5兆元投資へ 2020年までに4万キロ新設 電話契約件数もうすぐ10億件 ネット利用は3億件
2009年展望:中国経済が迎える6つの試練 成思危氏「4兆元の公共投資、来年第3四半期以降に効果発揮」
携帯電話テレビ、来年下半期に商用化 国産コミューター機、テスト飛行・認証取得段階へ
中国、「統計法」改正に着手 外貨準備残高5年ぶり減少 800億ドル以上が流出か
国内初、反独占案件専門の合議法廷を設置 人民銀、預金・貸付金の基準金利0.27p引き下げ
サムソン、華立携帯電話の特許を侵害、5千万元の賠償判決 人民元切り下げによる輸出促進はない
さらなる政策調整で対外貿易をサポート 中国 新興市場への輸出で対外貿易成長を保持
三洋電機買収 合肥三洋は独立性確保へ 中国商務相、貿易摩擦に慎重に対処
金融危機における外資の動向 中国のフラットテレビ市場に見られる3つの消費動向
グローバル企業の駐中本部、労働組合結成率8割超に 経済国際化へ「3つの認識問題の解決必要」専門家
在中外資系企業が43万社を突破 トヨタ、中国で12万台リコール
インターネット販売がますます普及 クリスマス売り上げ倍増 パナソニック、三洋買収は「生死の分かれ目」か
工業・情報化部、来年の自主革新の重点を決定 化粧品の全成分表示が必須に 2010年6月以降
2009年、中国経済が直面するであろう4つの難関 中国初の新エネルギー自動車産業基地が設立
上海の外資企業の「生存率」、60%超  

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)