中国語版へ

Vol.14(2009/1/20発行)

【特集】第8回中日産学フォーラム

中日両国共通の問題及び問題の相違点

日中両国はどのような問題が共通し、またどのような問題では異なるのか。私はこうした考えを抱いて先ほどの基調講演を聴いた後に、2つの考えを持ちました。more

グローバルインバランス下における中国の金融外貨政策

露口洋介氏:2006年3月まで私は日本銀行北京事務所の初代所長として北京で働いておりました、もう2年も前の話になります。今日の私の発言のテーマは「グローバルインバランス下における中国の金融外貨政策」です。more

【評論】

日中の対立(上) 東京大学北京代表處所長 宮内雄史

靖国神社参拝、教科書問題、南京大虐殺、尖閣諸島、慰安婦問題、遺棄毒ガス兵器、サッカー観戦、反日デモ、軍事費増強、円クレへの感謝問題、等等、2001年〜2006年の小泉首相就任期間を中心にこの10年近く、日中間の関係悪化を示す事件や現象が大量に溢れ、好き嫌いを問うアンケートや世論調査などでも双方の国民の間に厳しい嫌悪感情が広がっている様子が示されて来た。それが2006年10月の安部首相訪中以来、両国首脳の相互訪問で、“雪解け”、“春の到来”などとも表現されるように、急速な関係改善が進んでいるとされる。

「人民元経済圏」は出現するか?

米国金融危機が世界にもたらしたダメージを受けて、世界の国々は次のことを認識するに至った。一国の通貨を土台として世界的な決済システムを構築して、同国と世界経済の動きに従っていくことは、不安定で不確実なことであり、これでは真の意味で世界経済のさらなる全面的な発展を推進することも難しくなる。世界は今、多元的な国際通貨決済システムを必要としており、こうした状況の中で人民元の地域化や国際化の実現が見通される。そう遠くない将来、人民元を主要決済通貨とする人民元経済圏が出現する可能性がある。

3Gは一体どれだけの内需を生み出すか?

国務院常務会議は昨年12月31日、工業情報化部による第3世代(3G)携帯電話ライセンスの発給手続き開始に同意した。これにより中国移動(チャイナモバイル)は中国3G規格TD-SCDMA、中国電信(チャイナテレコム)はCDMA2000、中国聯通(チャイナユニコム)はWCDMAのライセンスを獲得。3Gライセンス発給後、3Gネットワークの構築・端末設備の製造・運営サービス・情報サービスをはじめとする通信産業チェーンが次第に明らかになってきた。業界関係者によると、3Gライセンスの発給は内需拡大につながり、中国と世界の3G発展を推し進めるプラスの役割を果たすという。(作者:北京科技大学経済管理学院の何維達教授)

3Gを機に中国市場に復帰する日本メーカー、機会と挑戦が併存

「最近、サムスン製携帯電話とLG製携帯電話の多くの中国市場担当者にシャープからヘッドハンティングの電話がかかっている」。サムスンからシャープへ転職したばかりの陳さんは、最近会議続きで、今年度の中国市場開拓計画の策定に追われている。サムソンの中国での業務モデルも当然参考にしている。「第一財経日報」が伝えた。

中国のGDP、世界3位に 海外メディアも注目

中国国家統計局はこのほど、最終審査を経た中国の07年のGDPデータを発表した。実質GDP成長率は前年比13%となり、初期統計の成長率から1.1ポイント上がった。07年の名目GDPは25兆7306億元で、初期統計より7776億元増えた。修正データの発表は、国際世論の高い注目を受けた。

【ニュース】
「重型機械研究院有限公司」が設立 資本金5億元 レッドレイハイビジョンNVD、春節に新発売
ソニー・エリクソン、大幅な赤字に転落 2009年、中国デジカメ市場規模が初の縮小か
TCL液晶テレビ、売上233%増 08年 海爾、冷蔵庫シェア世界一に
商務部、コカコーラ社に対する独占禁止審査へ 中国産コーヒー豆、スターバックスに採用される
パナソニックの三洋買収 長期的な統合に直面する中国工場 バイオオイルの原料樹林を育成 湖北
百度日本、中国語音声による検索サービスを開始 証監会、資本市場の発展に向けた方針を発表
国務院、自動車産業と鉄鋼産業の振興計画を原則採択 中国の08年オンラインゲーム収入、180億元超
国家質検総局、昨年586億ドル相当の輸出入品が不合格 中国、ドイツを抜き世界3位の経済大国に
国家統計局、07年のGDPを13%に上方修正 中西部の投資制限が緩和 外国企業の進出を奨励
淘宝網、年間取引額が1兆元に迫る 日本の財政・経済状況 歩みは困難
中国、外貨準備高が1兆9500億ドルに 中央銀行総裁「成長率8%の確保には強力な措置が必要」
中国、品質関連「ブラックリスト」制度を確立 中国ネットゲーム急成長 08年輸出額1億ドル超か
「中国経済は先進国に先駆けて回復上昇する」専門家 中国 自動車販売台数の伸び、10年ぶりの低水準に
信用評価システムの整備加速を 専門家 中国三星総裁、中国市場への自信を語る
広西・北部湾経済区、7つの優遇政策で支援 竜永図氏、「中国は対外開放を減速すべき」に反論
09年自動車業界 米国は再編、日本は停滞 3G携帯のライセンス発給 3つの社会的関心
外資系携帯電話、迫られるブランド評価の向上 中国のモバイルゲーム市場、2011年には42億元規模に
中国 3Gライセンス発給へ 「世界に影響を与えた中国ブランド500社」が発表

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)