中国語版へ

Vol.15(2009/2/05発行)

【特集】

2009年--懸念の中国

中国にとって、ひいては日本や韓国を含むアジア各国にとって、2009年は希望と心配、可能性と恐れに満ちた複雑な年となるだろう。世界はアジアに注目し、アジアは中国を見ており、中国はヒッチコックのサスペンス小説の主人公のように、無限の魅力にあふれると同時に、危機も多く存在している。世界の全ての経済学者が「後の祭り」となり、世界の全ての経済理論と権威的な観点がお茶の間のジョークの的になるような時期に、経済危機が地球と全人類を人質として深淵に連れ込もうとする現在、我々は正確に楽観的あるいは悲観的な予測を出す能力を失っているといえるだろう。我々が自身の短所と微力さを再度認識したなら、2009年は畏敬の念で迎えるしかないだろう。いくつかの懸念は我々の未来の幸福な生活と密接に関係するため、人々の手に汗握らせることとなるだろう。more

中国経済の成長と変化への対応

先進国経済の低迷は全治3年以上

米国のサブプライムローン(信用力の低い低所得者向け住宅融資)問題に端を発した世界経済を覆う金融危機は、解決の見通しがつかない状況で2008年末を迎えようとしている。……

日本企業の中期的な施策と新興国への取り組み

このような経済環境下において、日本企業はどのように対応すべきだろうか。まずは2009年3月期決算をどう乗り切るかが焦点となるであろうが、同時に来期以後を見据えて中期的な施策の検討が大切である。逆風のときにむやみに前進しようとすれば体力。……

中国市場の主役は「地方都市」

さて、新興国としてよくBRICSという言葉が使われるが、ここでいうブラジル、ロシア、インド、中国の年間世帯可処分所得1万ドル以上の世帯数を見ると、2008年は4カ国合計で1億5000万世帯(野村総合研究所<NRI>推定)、このうち45%に相当する約6700万世帯が中国でしめられている。……

中国市場に向けた戦略の再検討

地方の中流世帯の市場で成功するには、今までの中国市場での戦略を「改良」する必要がある。すべてを変える必要はなく、日本企業ならではの強みである製品やサービスの品質を落とすことはあってならない。しかし、中流世帯の市場では消費者ニーズが未分化なところもあるため、機能やデザインはできるだけシンプルにして原価を下げる工夫をすることが必要だろう。……

アジアから日中への期待と果たすべき役割

現在の世界レベルの経済危機は、ある意味で、これまで日本政府が着々と築いてきたASEAN(東南アジア諸国連合)やインド、あるいは極東ロシアへの個別の経済貢献の実績を一気に広げる好機である。……

【評論】

東京大学北京代表處所長 宮内雄史
日中の対立(中)

ところが、そこへ1990年代に至り出現したのが、中国の製造業の急速な発展とその影響であった。中国のカラーテレビ生産量は1990年に1000万台を超え、1999年には4000万台にも達する。……

日中の対立(下)

後に感謝の有無として感情的な問題にも発展する円クレについては、実はこの1990年代に問題の種が撒かれていた。1979年〜83年の第一次円クレは4年間で3309億円、84年〜89年の第二次は6年間で4700億円の借款を行って、中国経済のネックになっているインフラ建設に協力するもので、文革大革命の齎した遅れと混乱、又殆ど払底していた外貨準備と言う中国の現状に対しては、深井戸から水をくみ上げる最初の呼び水を提供するような絶大な効果を上げたものであった。……

【中日交流】

鑑真プロジェクトに参加して 谷野作太郎 (財団法人 日中友好会館副会長)

此度、早稲田大学教授木下先生のお誘いを受け、多くの大学生達に伴する形で、「鑑真プロジェクト」(鑑真和上渡日の逆ルートを行く「鑑真和上東渡」ならぬ、いわば「平成版西渡」)に参加させていただいた。以下は、旅を終えての所感の一端である。……

【ニュース】
中国の観光業、「危」の中に「機」あり 世界各地の観光地、今年のターゲットは中国人旅行客
日本のネット販売企業、中国市場に次々と参入 武漢経済技術開発区に保税物流機能をプラス
「世界経済の成長、50%は中国の貢献」国連報告 09年GDP成長率は8.3%前後 中国科学院予測
中国の天然ガス生産量 世界9位に シャープとソニーの合弁計画、延期へ
シーメンス、対中投資を増額 13億5千万元 華為、特許申請件数で世界一に 08年
エアバス「A320」の主翼、100%中国製造が実現 中国造船業の国際市場シェア、昨年3割に
08年、財政赤字1110億元 欧米より低水準 インヘブ社、青島ビール株19.99%をアサヒビール社に売却
中国 春節期間の消費2900億元 外資系企業、中国市場の見通しを楽観視
数百億元の市場争奪へ 武漢に紅光高清産業基地 経営難にあえぐ日本の製造大手 中国拠点に影響なし
上海・深セン市場、上昇率2%超 3日 人民銀総裁「人民元レートに大きな浮き沈みなし」
中国 20都市をアウトソーシングモデル都市に指定 中国のPHS「小霊通」、2011年末までに撤退
「鳥の巣」ビジネス開発始動 レストランなど8事業 中国テレビメーカー、特許問題解決へ一致団結
日立、中国法人総裁をチェンジ 業績不振が原因?

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)