中国語版へ

Vol.16(2009/02/20発行)

【評論】

金融危機の下での企業のリストラ旋風

 現在、世界の金融危機は更に蔓延し、多くの企業が突然現れた危機に対して局部的な改革と調整を行ってる。リストラはこれら企業の行う調整のうち、最も顕著なシグナルだ。学界にしろ産業界にしろ、これまで一貫して企業の社会的責任を重視してきた。企業の社会的責任とは何か。企業のリストラは経済の発展にどのような影響を与えるのか。企業は危機の発展期間を安全に乗り越えることができるのか。こういた関連の話題が現在のブームとなっている。責任とは職責であり、社会的役割の位置づけと理解することもできる。企業の社会的責任について広義に見ると、企業の社会的責任とは企業が株主のために最大の利益を生み出すのと同時に、企業の利益関係者に対する責任を能動的に請け負うことを指す。利益関係者には消費者や従業員、サプライ企業、コミュニティー、民間組織、政府が含まれる。

 金融危機の影響を受けて、企業は次々とリストラを行っている。今回世界中に及んだ企業のリストラ旋風は主に次のようないくつかの特徴を持っている。金融危機の影響を主に受けたことが、企業がリストラの決定を発表する際に共通する原因である。企業のリストラが世界的に蔓延している。リストラを行う企業の業界範囲が拡大を続けている。グローバル企業のリストラ数が上昇を続けている。リストラを行う業界が金融や電子、製造業に集中している。リストラ対象の主体は弱者グループである。

 大まかな統計の表一によると、リストラ人数が最多なのは金融業で米国に集中し、次いでIT業、製造業となっており、こうした業界で働く人員の業務能力は比較的高い。業界関係者は、企業のリストラは経済が低迷期に入った後の市場化企業として正常の反応であり、企業のコスト削減のための最も速やかな方法の一つだと述べている。

表一:グローバルな有名企業のリストラ旋風リスト
企業名称 所属業界 リストラ数 所在国・地域
シティグループ 金融業 70000人 米国
SUN IT業 5000人 米国
J.P.モルガン 金融業 3000名ほど 米国
HSBC 金融業 450人 中国香港
ロールス・ロイス 自動車業 2000人 英国
トヨタ 自動車業 3000人 日本
IBM日本 IT業 1000人 日本
ArcelorMittal 鉄鋼製造業 9000名 米国
富士通・シーメンス IT業 700名 ドイツ
ワシントン・ミューチュアル 金融業 9200人 米国
CVRD 鉱業 1300人 ブラジル
キヤノン コンシューマ電子製造 1100人 日本
AT&T 電信業 12000人 米国
クレジットスイス 金融業 5300人 スイス
ボルボ 自動車業 4616人 スウェーデン
ダウ・ケミカル 化工業 5000人 米国
ソニー コンシューマ電子製造 16000人 日本
リオ・ティント 鉱業 14000人 オーストラリア
バンク・オブ・アメリカ 金融業 30000人 米国

 筆者は世界的なリストラ企業のリストラ情況について大まかな統計を行い、図二、三で見られるようなリストラ旋風が世界的に蔓延していることを発見した。地域について言えば米国から始まって世界各地へと蔓延している。時期については、昨年秋から現在までずっと続いており、今後一定期間の間続くものと見られる。リストラの業界について見れば、金融業界を中心として他の業界へと拡大を続け、リストラ数はずっと増加する傾向にある。「米国第2の銀行であるシティグループが11月17日に世界で5万2000人をリストラすると発表して以来、世界最大規模の資産運用会社の一つであるブラックロックは12月11日、同社も危機を免れえず、今週中にリストラ計画を発表すると明らかにした。」……このため、現在世界はリストラという濃霧の中に閉ざされていると言っても言い過ぎではない。また「全日本民間労働組合連合会」(全民労連)が5201社企業を対象に行った調査では、約35%の企業がそれまでの3カ月以内に臨時職員の解雇や人力の再分配、残業短縮といった措置をとっていたことが明らかになった。そのうち約48.3%の企業がこうした労働量コスト削減の措置をとっていた」という(京華時報、2008年12月12日)。最後に、表三からわかるように、リストラの嵐は既に国内にも達している。同時に2009年の中国では600万人以上の大学新卒生が就業の問題に直面するため、今後一定期間の間就業が深刻な社会問題となるだろう。

 企業の従業員は企業が様々な方法でリストラの決定や決議を行うのに対して冷静さを保ち、様々な準備を行う方がよい。企業は現在多くの困難に直面しており、企業の従業員としては自分がリストラされないことは保証できない。このためあらかじめ様々な心理的準備を行わなければならず、次のいくつかの面から着手することができる。

 一、正確な自己評価を行う。

 二、自主的な計画を行う。

 三、自らの合法的利益を保護する正確なルートを探る。

表二:国外企業のリストラの動きの一覧表
企業名称 具体的な時期 所属業界 リストラ数 所在国・地域
NXP 9月13日 チップメーカー 4500人 オランダ
HP 9月16日 ITメーカー 2.46万人 米国
Nvidia 9月19日 ディスプレイ・チップメーカー 360人 米国
eBay 10月6日 取引サイト 1000人 米国
シスコ 10月14日 通信業界 129人 米国
Qimonda 10月15日 内蔵チップ 3000人 ドイツ
Zillow 10月18日 取引サイト 35人 米国
ソニー・エリクソン 10月18日 通信業界 2000人 日本
Yahoo 10月22日 インターネットポータルサイト 1430人 米国
Xerox 10月24日 IT業界 3000人 米国
ゴールドマン・サックス 10月24日 投資銀行 3260人 米国
Gannett 10月26日 米国最大の新聞業 3000人 米国
Whirlpool 10月28日 家電生産メーカー 5000人 米国
タイム 10月29日 出版業界 600人 米国
Qwest 10月30日 電信運営キャリア 1200人 米国
モトローラ 10月31日 通信業界 3000人 米国
Freescale 11月1日 チップメーカー 2400人 米国
ノキア 11月4日 通信業界 600人 フィンランド
LinkedIn 11月5日 ソーシャルネット 36人 米国
SanDisk 11月7日 フラッシュチップ 450人 米国
BitTorrent 11月8日 文書共有サイト 18人 米国
ブリティッシュテレコム 11月13日 電信運営キャリア 1万人 英国
Sun 11月14日 ITメーカー 5000-6000人 米国
シティバンク 11月19日 銀行業 5.2万人 米国
タイムワーナー 11月19日 出版業界 250人 米国
AP 11月21日 通信社 1500人 米国
ニコン 11月23日 デジタルメーカー 1500人 日本
フィリップス 11月23日 電子製品 400人 オランダ
テレコムイタリア 12月4日 電信運営キャリア 4000人 イタリア
Adobe 12月4日 ソフトウエア企業 600人 米国
NBCユニバーサル 12月5日 メディア企業 500人 米国
AT&T 12月4日 電信運営キャリア 1.2万人 米国
Viacom Inc. 12月4日 メディア企業 850人 米国
クレジットスイス 12月08日 金融分野 5300人 スイス
ソニー 12月9日 コンシューマ電子 8000人 日本
日立 12月9日 家電企業 250人 日本
シャープ 12月15日 コンシューマ電子 380人 日本
electrolux 12月16日 コンシューマ電子 3000人 スウェーデン
台連電 12月17日 IT企業 500余人 中国台湾
Western Digital 12月18日 IT企業 2500人 米国
bestbuy 12月18日 家電チェーン 4000人 米国
ASML 12月19日 IT企業 1000人 オランダ
富士通 12月23日 チップメーカー 400人 日本
松下 12月29日 家電企業 1000人近く 日本
AMD 12月30日 IT業界 600人 米国
seagate 1月15日 ハードディスクメーカー 2950人 米国
Autodesk 1月15日 ソフトウエアメーカー 750人 米国
ワーナーブラザーズ 1月21日 映画会社 800人 米国
エリクソン 1月23日 電信設備企業 5000人 スウェーデン
マイクロソフト 1月22日 IT企業 5000人 米国
表三、中国のリストラ企業の動き一覧表
企業名称 具体的な時期 所属業界 リストラ数 所在国・地域
コ信無線 08月19日 IT業界 700人 中国
博客網 10月21日 ブログサイト 不明 中国
Pplive 10月31日 動画サイト 20人 中国
六間房 11月3日 動画サイト 140人 中国
TCLコンピュータ 11月4日 IT業界 50人 中国
捜房網 11月5日 不動産ポータルサイト 300人 中国
悠視網 11月6日 動画サイト 20人 中国
モトローラ中国 11月8日 通信企業 不明 中国
久遊網 11月19日 オンラインゲーム 70−80人 中国
爆米花網 11月20日 動画サイト 120人 中国
時代赢客 12月18日 代理企業 400人 中国
UTスターコム 12月22日 電信企業 750人 中国
奇美電子 1月02日 家電企業 800人 中国
聯想集団 1月09日 PCメーカー 2500人 中国

編集「中日経済情報週刊」編集部

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)