中国語版へ

Vol.17(2009/03/5発行)

【特集】

ポスト金融危機時代の日本経済

現在の日本はどのような状態で、日本経済はどういった状態なのだろう。日本の現状では政治の無能と政客の道化化により、一般民衆は自民党政権に対する極めて大きな不満を持つようになっている。日本の毎日新聞が先ごろ発表したある調査によると、日本の麻生太郎首相の支持率は既に11%にまで低下し、三分の一以上の日本民衆は麻生氏に対する不支持を表明し、また半数以上の有権者が今年10月の総選挙で民主党が勝利することを望んでいる。この調査は麻生首相が訪米し、米国のオバマ大統領と会見した日の夜に発表された。有権者の39%が麻生首相の即時退任を希望し、また39%の人が4月の年度予算の通過後の退任を希望しているという。(人民網のニュースから抜粋)。 more

【NRIの視点】

此本臣吾--執行役員コンサルティング事業本部副本部長 専門は機械・自動車、電機なの事業戦略 中国・アジアの事業戦略と産業政策立案
経済構造改革への取り組み(上)

1、科学的発展観と和諧社会建設

2、内陸部の経済開発と交通インフラ整備

経済構造改革への取り組み(下)

3、「労働法令元年」と中国が目指す産業構造改革

4、新農村建設に向けた包括的支援

地方経済の勃興と消費市場の拡大

今後の中国経済を考えるとき、成長率の高さという点で見ると成長の源泉は沿岸部から内陸部へとシフトしていくことが予想される。2008年の上半期の省別GDP成長率を見ると、内陸部ほど成長率が高く、上海、広東、北京の沿岸大都市ほど成長率は低い。つまり、今後の中国市場でのマーケティング戦略を考えるとき、内陸の都市部需要への関心を高める必要がある。中国は2010年代、「地方の時代」を迎えるのである。

【評論】

李強:「労働契約法の執行は労働者の利益を損なう」という誤謬に反論する 李強 中国労働者問題専門家

新しい労働契約法の執行は労働者の利益を損なうものだろうか。金融危機の影響下で、北京大学の張維迎教授は労働契約法の執行停止を提案、労働契約法は出稼ぎ労働者の失業を招き、中国労働者階級の利益を損なうものだと述べた。

週刊の経典的文章の評価(上) 「中日経済情報週刊」編集部

「中日経済情報週刊」は2008年6月20日の創刊から現在まで次々と一連の文章を発表してきた。主な分野は次のいくつかである。今回編集部は同週刊が過去16期に発表した文章の一部に対する評定を行い、読者の参考に供することとした。

【ニュース】
海外ショッピングサイト、中国市場に相継ぎ参入 グローバル企業のイメージ調査 高まる影響力
中国投資チーム、欧州4カ国を訪問へ ブレーキに欠陥 三菱、中国で9千台リコール
日本のトップ、経済困窮でしばしば中国詣で マツダ中国、今年の全体計画を発表 ディーラー110店に拡大へ
08年、経済に積極的変化の6シグナル 中国自動車メーカー 海外進出の第3の道は工場建設
国務院、産業振興10計画の要点 中国、フラットテレビ産業チェーンへの資金援助へ
日本企業の上海万博への意欲、不況によるダメージなし 東風ニッサン、今年は成長率10%とブランド向上を
社会科学院報告「中国は経済危機を最初に脱出」 高島屋 3年後上海に出店
中国の買い付けチームが欧州へ出発 総額150億元超 09年中国自動車市場、独日の競争が激化
中国の内需拡大、日本経済に好影響 素材産業など牽引 中央銀行、高まるデフレリスクを指摘
中国のグローバル企業、27%がリストラ開始 中国のぜいたく品消費、米国超え世界2位に トップは日本
中国に対する保護貿易主義が高まる ナイキ、アジア最大の物流センターを蘇州に設立へ
中国は「赤字時代」に突入?

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)