中国語版へ

Vol.18(2009/03/20発行)

【特集】

国際的な保護貿易の中でどのように最大の経済利益を求めるか

金融危機が続くのにともない、世界的範囲で保護貿易主義の台頭がますます顕著となっている。特に金融危機の影響が深刻な先進国が発展途上国に対する保護貿易主義が高まりつつある。著者の観察にいおると、こうした現象は現段階では避けがたく、中国のような製造品輸出大国に対しては特にそうである。中国の米国に対する貿易黒字はますます拡大すれば、米国が保護貿易に走る可能性はますます大きくなっている。 more

【NRIの視点】

金融危機後の中国と日本企業の対応 此本臣吾

本稿の冒頭で述べたように、グローバルな金融システムの不安定化、米国の個人消費の落ち込みに起因する世界経済の低迷は最低でも2、3年、米国以外でも、地域によってはそれ以上の長期低迷を余儀なくされる。そのなかにあって、財政に余力があり、内需が旺盛な中国経済は比較的早く回復するのではいかと思われている。また金融危機後の数年後の世界はどうかというと、それは中国を中心とした新興国が世界を席巻する姿、言いえればそれら新興国の「中流世帯(中国で言えば世帯可処分所得で5万-20万元)」が勃興する姿ではないかと筆者は考えている。そのような観点で見ると、これから数年間続く厳しい冬の時期を抜けた後の中国の戦略は、大変重要な意味を持つ。

【評論】

宮内雄史◆中国随想m 東京大学北京事務所所長
<風力発電>
<シルクロード>
<チベット・青海高原>
<農地>
<農民工>
<企業倒産>
<緊急危機対策>
<危機とチャンス>
<中国の広さ>
<黄河と長江>
<土砂>
<黄土高原>
<旱魃>
<南水北調>
<三峡ダム>
【ニュース】
日本向け9製品、使用期限と点検期限の明記義務付け 中国の大型機プロジェクト、世界から部品調達へ
6つのデータからみる中国の経済情勢 南京で注文の花束、翌日には日本に到着
東芝三菱電機、中国への参入強化 航空業界「低空域のビジネス利用解禁を」
グローバル企業が見る「両会」 中国の振興がチャンスに トヨタ 中国で「未開拓」のSUV市場に進出
中国であいつぐ日本地名の登録、議論起こる 徳川家康、中国人ビジネスマンの心の師に
第4回中日企業家フォーラムが大阪で開催 日本の不動産企業相継ぐ倒産、中国企業にチャンス
夜逃げ、リストラ・・・危機直面で現れた7つの「不道徳」 社会科学院「地域青書」経済の安定を5方面から支援
中国は最大の対米債権国、7千億ドルの米国債 日本保険業界の経営統合 中国支社に難題
北京と上海を結ぶ高速鉄道 VIP車両ではインターネットも 中国の貿易投資チーム、米国・日本を年内に訪問へ
中国は米国債を買い増すか? 世界が注目 ユニクロ、さらに低価格で中国市場に攻勢
中国のセレブ、毎月カードで7万元分の買い物 中日韓露が「黄金航路」を共同運営 5月スタート

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)