中国語版へ

Vol.19(2009/04/5発行)

【特集】

中国の経済発展と日中経済関係シンポジウムが北京で開催

3月28日午後、日本・内閣府経済社会総合研究所が主催した「中国の経済発展と日中経済関係シンポジウム」が北京の王府半島ホテルで成功裏に終了した。会議の終了時は日本の元経済企画庁長官の堺屋太一氏(日本内閣特別顧問、上海万博の日本側民間総顧問)が閉会の言葉を述べた。日中両国から経済研究専門家や学者60人余りが今回のシンポジウムに参加した。

more

(左から右へ順に)日本側・木下俊彦、渡辺真理子、関志雄、丸屋豊二郎、堺屋太一各氏。中国側・趙晋平、魏加寧、胡鞍鋼、李微各氏が専門家シンポジウムに参加した。

国務院発展研究センターマクロ経済研究部 魏加寧中国:内需拡大でいくつかの方面との関係処理が必要

日本・内閣府経済社会総合研究所が主催した「中国の経済発展と日中経済関係シンポジウム」が3月28日、北京王府半島酒店で開催され、国務院発展センターマクロ経済研究部副部長の魏加寧氏が「内需拡大でいくつかの方面との関係処理が必要」と題する報告を行った。以下が報告の主な内容である。

more

【NRIの視点】

松野豊経済危機の日本・アジアに対する影響と危害 松野豊 清華大学・野村総研中国研究センター所長

1,経済危機の日本に対する影響と危害。

2,現在日本政府の経済危機への対応策。

3,経済危機の将来の趨勢、そしてアジアに対する影響。

【評論】

週刊の代表的文章の評価(下) 「中日経済情報週刊」編集部

「中日経済情報週刊」は2008年6月20日の創刊から今日まで一連の文章を掲載してきた。主なものとして以下のいくつかがある。編集部では今期、週刊がこれまでの18期に発表した文章の一部を評価し、読者の参考に供することとする。

【中国法教室】

 【第1回】中国における外商投資企業の清算手続について-夜逃げできるのか

 【第2回】中国における外商投資企業の清算手続について-清算のプロセスについて

 【第3回】中国における外商投資企業の清算手続について-清算における従業員問題の対策

 【第4回】中国における外商投資企業の清算手続について-資産処理に関わる問題

【ニュース】
高速鉄道が発展、進む中心的都市の一体化 中国、ワシントン金融サミットでの約束を履行
三菱自動車、中国で輸入車の業務強化へ 中国と日本の経済にはどれほどのギャップがあるか
日立、中国平面ディスプレーテレビ戦略を縮小 レクサスふたたび新車、中国市場に賭けるトヨタ
東風日産、サニーを一部リコール 溶接部分に不備 中国のニセモノ文化、日本はどう見るか
M&Aへの態度、中国と日本で違いくっきり 国際金融センターはなぜ上海に建設されるのか
日本の自動車メーカー、中国での生産・販売台数が増加 米日の企業トップ、なぜこれほど違うのか?
上海万博まで400日余 期待高まる日本、出展ためらう米国 日本のショッピングサイト「JChere」中国で始動
電通コンサルタント「製品の宣伝より企業イメージの向上」 資生堂、中国での売り上げ20%増目標
人民元の国際化がスピードアップ 中央銀行副総裁「中国は引き続き米国債に投資する」
宇宙産業、中国経済の新たな成長の核に 中国商用不動産市場、金融危機下の4つの特徴
新エネルギー産業の発展を重視 原発も規模拡大

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)