中国語版へ

Vol.21(2009/05/05発行)

【特集】

世界経済危機と中国の環境・農業問題

 今回の米国発世界金融・経済危機の世界への影響は、当初、ほとんどの人が予想しないような大きなインパクトを世界中に及ぼしているし、時間が経過するとともに、これは「循環不況」でなく、大きな資産デフレを伴ない、経済回復には時間がかかりそうだ、仮に、世界経済が1,2年で底を打っても、経済上昇のペースは微弱だろう、という見方が強い。

 日本経済は2001年に底を打ち、07年度(08年3月)までは着実な回復過程にあった。しかるに、08年第4四半期以降、成長率は大きなマイナスとなり、IMFによれば、09年の日本の成長は-5.8%とOECD諸国中最低になると見込まれている。国民は内向き志向を強めている。しかし、失業率は4.1%を先進諸国中最低で、銀行もシステミック危機に見舞われていない、ソフトパワーとして世界的に高い評価が与えられているといった明るい面にも着目すべきであろう。

はじめに

1.前回に木下報告「中国型経済発展の特質とリスク―日中は相互に何を学ぶべきか―」の要点

2.その後1年の展開と世界金融危機の衝撃

3.過去1年間の「三農」問題の展開

4.地球温暖化問題をめぐる中国政府の国家戦略

総論

参考文献

【NRIの視点】

見直しが迫られる中国市場におけるチャネル戦略----次世代消費層、内陸地域の開拓、法規制の変化への対応
野村綜研(上海)諮詢有限公司 副主任諮詢顧問 黄暁春 (pdf)

【中日交流】

王恵玲さんは1983年に国家の公費留学生選抜試験に参加して優秀な成績で通過したが、流暢な英語を話すことができる王さんは歴史的、政治的原因から日本へ留学に派遣されることになり、38歳の王さんはゼロから日本語を学ぶことになった。半年の間、日夜勉強した王さんは最終的に大病を患った。この期間に王さんは動揺し諦めることも考えたが、コン浩成氏、胡国華氏といった先の世代の指導者や教師の励ましを受けて、最終的には頑張って日本の有名な一橋大学に留学した。日本を訪れてから、日本の発展状況は彼女に強い印象を与えた。編集部では彼女にインタビューを行い、インタビューから日本の情況を読者に理解してほしいと考えた。以下はインタビューの主な内容である。……

中国人◆日本を見る(上)
中国人◆日本を見る(下)

【評論】

中日の発展、米国からの脱却がカギ

日本の麻生太郎首相の中国訪問をひかえて、中日関係の今後の発展にふたたび注目が集まっている。現在、経済モデルや国家発展の道筋において、中日両国は独自の発展を遂げるだけの力強さをもちはじめている。中国は発展モデルに関して米国式の理念の束縛から徐々に脱しつつあり、特に金融危機の発生後は「脱米国化」という考え方や行動パターンが一層顕著になっている。

中国法教室

【ニュース】
中日韓、地域的外貨準備基金の出資比率で合意 中国人のゴールド消費が急上昇 消費者意識にも変化
革新力ランキング、日本がトップに 中国も急成長 日本の製造業、中国に重心を移転へ 新技術での有利生かし
中国テレビ市場、東芝と三洋の業績が悪化 麻生首相が訪中 日本企業の3G中国展開も話題に
中日の発展、米国からの脱却がカギ 東京ディズニーランド、不況への強さの秘密
中国都市で新節約主義が台頭 「ケチ」がブームに 香港環境局局長、日本メーカー各社と協議 エコ車導入で
中国のSNS、国産サイトが上位独占 現地の強みはっきり 中国企業の商標、海外でたびたび侵害
広汽トヨタ「カムリ」に不具合 無償で部品交換 上海モーターショー、4つの新たな傾向
中国で増える若い富裕層 日米より20歳年下 フォーブス誌 日韓の自動車メーカー、上海モーターショーで激しい火花
吉林省、日本で経済·貿易交流活動を展開へ 知財権局局長、中国のニセモノ商品に苦言
アリババ 中日市場開拓に2千万ドル投入 銀聯カードでの決済サービス、北海道にも普及
日本の自動車メーカー、上海モーターショーに大きな意気込み 福田前首相「2030年に中国経済規模は米国抜く」

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)