中国語版へ

Vol.27(2009/08/05発行)

【特集】

汪同三氏:中国は金融危機に打ち勝ち、経済は更に発展する

先ごろ、目前の世界金融危機のさらなる進行と2009年下半期の中国経済の趨勢について、有名な経済問題の専門家・汪同三教授が分析した。中国が成し遂げた経済発展の成果に対して、汪教授は高く評価している。

汪教授は2008年までの時点で、中国のように5年連続で10%以上の成長を遂げた国家は世界でも日本とシンガポール、中国の3カ国しかないが、中国は2度実現してたと述べている。

more……

【NRIの視点】

日本の循環型社会に注目

7月23日午後、清華大学(環境学部)中国循環経済産業研究センターと清華大学・野村総研中国研究センターが共同で開催した「循環型社会の構築」中日学術シンポジウムが環境省エネ楼で開かれ、清華大学常務副校長・陳吉寧教授が会議に出席し開会の言葉を述べた。清華大学・野村総研中国研究センター理事、常務副主任の松野豊氏と清華大学(環境学部)中国循環経済産業研究センター主任・温宗国氏が共同で会議を司会し、中国と日本から集まった多くの専門家が参加、また優れたテーマ報告を行った。

【中日交流】

清水顕司若者の「消費」が中国経済を支える? 清水顕司(Kenji Shimizu)

中国は先進国の多くの国々で経済が低迷する中、第1四半期に6.1%の経済成長を遂げた。この数字が高いのか、それとも低いのか、中国内外の専門家の意見はさまざまあろうが、いずれにしても、四半期ごとに中国の経済成長率は徐々に回復していくという見方が大勢を占めている。中国政府はこれまで経済成長をけん引してきた「輸出」が外部需要の低迷により、大きく落ち込むなか、「消費」と「政府による投資」によって成長を維持していく方針をとっている。

【中国法教室】

【ニュース】
中国電気自動車市場 争奪戦の時代へ? 中国の消費者信頼感がアップ 28カ国で6位に
東風日産、広州工場を拡張 生産能力70万台に 中国で増加する「新貴族」 各都市の傾向
日本の不動産36物件、上海で買い手募集 総額16億元 上半期、平均給与トップは金融業
Q&Aサイト「OKWave」、中国語サービスを開始 中国のエネルギー資源の未来に暗雲 新エネルギーの開発を
人民元レート改革から4年、対ドルレート20%上昇 上半期個人所得の伸び、GDPを上回る 国家統計局
北京上海高速鉄道、来年末に貫通へ 時速380キロ 家電大手・蘇寧電器、日本のラオックスを買収
中国各省のGDP成長率ランキングに変動 中西部が好調 中国 2020年には世界一のビジネストラベル先に
大陸部の日本個人旅行ビザ申請、796人に 中国の発明特許、存続期間10年以上はわずか4割
中国、世界最大のエレベーター市場に 日立の上海工場開設 崔天凱大使「日本の危機脱却は中国経済の行方にかかる」
皆既日食の経済効果はどれほどか? 皆既日食、上海に2万人の日本人観測客

【金融市場】

    中国が世界第三のダイアモンド市場に トップは米国

    中国と米国の経済をめぐる5つのトピック

    中米戦略・経済対話、3つの注目点

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)