中国語版へ

Vol.31(2009/09/30発行)

【特集】

特集日本の衆議院選にフォーカス

正確に言えば、小泉元首相が退陣して以来、日本の政権は平均で11カ月に一回の割合で交代している。小泉元首相は2001年4月から2006年9月まで5年半連続で政権をとり、戦後の日本では吉田茂、佐藤栄作、中曽根康弘に続く「長命」の首相となった。一党優位政党性の自民党は長期間にわたって政権を握り、実績も少なくないものの多くのマイナスの要素も蓄積され、ここ数年は特に言えるほどの業績もなかった。

more……

【NRIの視点】

(PDF)

【中日交流】

Why:中国、魅力はどこ

2008年北京オリンピックが中国を全世界の注目を集める世紀舞台に押し込んだ。 2010年に上海で開催の万国博覧会も世人の目を中国に投入させる。経済が急速に発展している中国はもう全世界の焦点になる。その同時に、中国と日本の間のさまざまな交流と協力はますます活発になっていく。中国に入る日系会社がもう二万カ所を越えた、中国へ留学にくる「坦坦たる大道」も一般的な日本学生の視線に飛び込んだ。

【中国法教室】

【ニュース】
世界経済の成長への牽引力、中国が最大 統計局 証監会、M&A・再編の第二期審査委員会を設立
都市家庭の4割以上で財テクプラン不足 清華大調査 中国のエネルギー自給率、90%以上
中国、3G時代が幕開け 三大キャリアの特徴 「中国経済はポスト高度成長期に入る」人民大学
中国の発展モデル、「生存型」から「発展型」へ 日本の過去から見つめる中国の未来
中国人の自動車保有台数、100人当たり1.5台 これからの中国航空市場 規模は?発展情況は?
国産大型航空機、来年から受注開始 目標90機 中国、発展途上国支援の6措置を発表
中国とインド、成長率最高の国内線市場に 中国銀副総裁「金融危機前の世界には戻れない」
排ガス基準を再引き上げ 北京は2012年にV基準 中国の都市化率、45%を超える

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-65574990 / fax:86-10-65579038

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)