中国語版へ

Vol.36(2009/12/20発行)

【特集】

中国、世界経済復興に4つの貢献

清華大学国情研究センターの胡鞍鋼主任(教授)はこのほど、中国と世界経済の復興をテーマとする次のような論考を発表した。2009年は21世紀に入って以来、中国にとって経済社会の発展が最も困難だった年とみなされている...

中国経済を「何」で牽引するか?

日本の内閣府が16日発表した第3四半期(7-9月)の経済成長率は市場予測を大きく上回った。物価変動の影響を除いた実質国内総生産(GDP)は4-6月期に比べて1.2%増え、2四半期連続中国光大集団の唐双寧董事長(会長)はこのほど、経済成長の牽引をテーマとする論考を発表した。主な内容は次の通り。中国の経済成長に関して、現在は投資、消費、輸出の3要素からなるトロイカのバランスが悪いことは明々白々だ...

【ビジネス中国語】

ビジネス中国語,もしページが文字化けになってしまう方はページのコードを簡体中国語にかえてみてください。
もしページが文字化けになってしまう方はページのコードを簡体中国語にかえてみてください。


【中国法教室】

【ニュース】
中国 15年後の都市流動人口が2.4億人超に クレジットカード 悪意ある未返済に刑事責任
港珠澳大橋 広東・香港・澳門結ぶ世界最大の海上橋 調査報告、来年も中国の自動車市場は好調
中国で進む労働者不足 今後の対応策は? 11月のCPI、前年同期比0.6%増 マイナスからプラスへ
10%の富裕世帯に45%の資産が集中 財政部 リアルタイム通信 利用者2億7700万人に
中国の鉄道路線、年内に8.6万km 世界第二 中石化と三井化学 フェノール・アセトン事業で提携
武漢・広州鉄道旅客専用線 スピード世界一に 世界ブランドベスト500、18の中国ブランドがランク入り
中国、世界最大の軌道交通市場に 「経済青書」、今年のGDP成長率8.3%に
中央経済工作会議 2010年マクロ政策の四大焦点 中国の「バブル」が世界的経済危機まねく 郎咸平氏

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-6536-3679 / fax:86-10-6536-8386

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)