中国語版へ

Vol.51(2010/08/05発行)

【特集】

米メディア 「中国経済は世界一になっても、豊かさで日本に追いつけない」

 日本はかつてアジア諸国を引っ張るエンジンだったが、今では中国が日本を含むアジア諸国に影響を与える大きな勢力となっている。しかし、日本人は依然として世界の中でも豊かなほうで、昨年の1人当たりの平均所得は3万7800ドルだった。一方、中国人は3600ドルにすぎない...

「中国経済は日本を抜いた」発言に外国メディアが熱い議論

 中国人民銀行副総裁で国家外為管理局局長の易綱氏はこのほど、中国メディアの取材を受けた際、「中国はすでに世界第2の経済体となった」と発言した。この一言が波紋を呼び、世界的な注目を集めている。米メディアで7月30日に「中国いわく、日本を抜き世界第二の経済体に」と題して報道された。それによると、日本はまだ第2四半期のGDPを発表していないが、中国のこの「歴史的」目標達成を疑う声はあまりない...

【関連特集】中日経済力の比較分析

 中日両国間の経済力を比較することは非常に複雑な作業で、比較する際の視点や比較する側面が異なれば、もたらされる結果も異なってくる。たとえば現在の中国の沿海地域、すなわち上海、北京、深センなどの都市建設レベル、市民の生活水準は日本に近づいており、宇宙航空技術の分野や外貨準備では中国は日本を追い抜いてもいるが、より多くの分野で中国は日本に遅れを取っている...

【中国法教室】

【ニュース】
「寿司」が「キムチ」に負けた理由 長生人寿 2012年までに外資系生保の最大手目指す
関志雄氏「世界経済に対する中国の貢献は、疑いの余地無し」 日本国債の購入拡大 リスク回避と人民元改革推進に有利
豊かでないのに贅沢する中国人、財産管理僅か15% 吉利汽車、中国初の多国籍自動車企業に
中国、今後10年は黄金の成長期が続く 4つの要因から解明 中国のホワイトカラーは「中産階級」?
中国、8年連続で世界最大のビール生産国に 中国、わずか9年で米国を追い抜く?
日本の貿易業に好転の兆し 輸出先多元化が奏功 中国、高速鉄道の平均乗車率は101.7%
海外メーカーのテレビ、苦情件数で国産品を上回る 青島市の手作りバッグ、東京ではLV並みの値段に
最低賃金の引き上げ、中国にプラス・世界に害なし 上海の外資系上位100社を発表 アジア勢が半数超
国際郵便物の免税額を50元以下に引き下げ 9月から 地域経済が発展 成長の新たなエンジンを育成へ
日本への個人旅行急増?ビザ代行料割高で新たな動き 日本観光局 中国人の訪日旅行の動向を分析
中国人のぜいたくな願望は何? 金・世界周遊・中国の世界一 中国商務部「中国の消費市場、2020年には世界最大に」

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-6536-3679 / fax:86-10-6536-8386

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)