中国語版へ

Vol.55(2010/11/20発行)

【特集】

中国のGDP、第3四半期も日本を上回る

 日本内閣府が15日に発表したデータによると、今年第3四半期(7-9月)のGDPは1兆3720億ドルとなり、成長率は年率に換算してプラス3.9%だった。これにより、日本のGDPは4四半期連続でプラス成長し、しかも成長率は予想を上回った。しかし、日本のGDPは第3四半期も依然として中国を下回った。中国国家統計局が先週発表したデータによると、今年第3四半期、中国のGDPは1兆4150億ドルだった。中国はこれにより、2四半期連続で日本を超え、世界第2の経済体となった...

日本経済の「好調」は一時的なものか?

 日本経済の第3四半期(7月-9月)の成長率は予想を上回った。各方面を驚かせたのは、今四半期の成長をけん引したのが輸出ではなく、内需だったところだ。内閣府が15日に発表したデータによると、国内の個人消費は引き続き成長を見せ、第3四半期のGDP成長率は年率に換算してプラス3.9%となり、経済学者の予測(2.5%)を上回った。日本経済は4四半期連続でプラス成長を遂げたことになる...

外国メディア 中国経済の日本超えは世界権力の重心移転を意味

 中国が日本を超え世界2位の経済国になったことについて、欧米の大手メディアは、一里塚的な意味があり、世界権力の重心が移ることを象徴していると見ている。日本の内閣府が15日に発表したデータによると、今年第3四半期の実質国内総生産(GDP)は年率換算で3.9%増加し、1兆3720億ドルに達した。中国国家統計局の先週の発表によると、中国の今年9月末現在のGDPは1兆4150億ドルで、中国は2四半期続けて日本を超え世界2位の経済国になっている...

【中国法教室】

【ニュース】
高所得層に公平な税負担を 財政部 IMFがSDR構成比を見直し 日米の経済的地位が低下
中国初のボーイング787、南方航空に納品へ 上海万博、観光業への経済効果800億元超
国務院、物価安定に4措置 供給確保など PPPはGDPの代わりにはならない 統計局
人民元建て債券、対外開放が加速か 巨大なビジネス・バリューを秘める中国のミニブログ市場
ネットユーザー討論 この10年値上がりしていない8項目 ボーイング・エアバスに挑む国産大型機「C919」
貿易黒字は引き続き減少 貿易摩擦が常態化? 北京の故宮博物院、ネットでグッズ販売 若者取り込み
ホワイトカラーのライフスタイル パーソナルサービスの時代に 投資機会が最も多い国に中国 日・米・欧は低迷
京滬高速鉄道、全線貫通 来年10月に開通へ 世界トップクラスの豪華クルーズ、重慶からの新ツアーが登場
中国、低空域の開放へ一歩 兆元規模の市場出現? G20サミット初日:中国の為替改革、徐々に推進
物価なぜ高止まり?「主犯」は食品・住宅価格 曲がり角に立つG20サミット 4つの動向に注目
野村証券「中国経済の見通し明るい、3つのリスクに要注意」 中国の若者、日本の第一印象は「さくら」と「富士山」

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報など無料で掲載する関連ニュースを受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-6536-3679 / fax:86-10-6536-8386

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)