中国語版へ

Vol.61(2011/01/20発行)

【特集】

日系車、中国を「敗走」中?

2010年には日本の自動車メーカーの中国市場シェアが低下し、前年比2ポイント低下して22.7%に落ち込んだという。この年の中国市場では、現地メーカーであり、有名投資家のウォーレン・バフェット氏が株式の約10%を保有する比亜迪の「F3」が売り上げ台数トップとなり...

中国企業の「日本買い」加速 並存するメリットとデメリット

中日両国の商業界では最近、中国企業による日本企業の買収が焦点になっている。調査会社の統計によると、海外企業が日本企業に対して買収や出資などを行う対日M&A(企業の合併と買収)のうち、2010年は中国企業による件数が前年比42.3%増の37件と、米国を抜き首位に立った...

【中国法教室】

       
【ニュース】
中米経済貿易協力さらなる強化へ 6合意に調印 中国、2010年のGDP成長10.3% CPIは3.3%
米国は対中経済貿易協力から巨大な利益(前編) 米国は対中経済貿易協力から巨大な利益(後編)
中国の私営企業登録数、840万社を突破 国内最大の企業群に 「中国経済は米国を抜いた」は虚構の物語
今年の中国対外貿易 30%の成長率維持は困難 アジアの賃金増加率が世界をリード 中国の貢献が最大
「2010年経済モデル転換十大リーダー・企業・都市」発表 ASEANと中日韓3カ国、観光分野で協力強化
中国富豪の平均年齢、わずか40歳 国産高速列車、試運転で世界最高時速更新
胡主席が訪米へ 「チャイナ」が米メディアの注目ワードに 国内企業による人民元建て海外直接投資が認可
富士フィルム、化粧品を中国で本格展開 茅台酒、池袋での販売価格は中国の半額
「世界の市場」として高まる中国の存在感 A株市場の市場価格、日本を12%上回って世界2位に
財政の悪化続く日本 2018年にも国家破綻か 十二五 新興産業の動きは?
新潟米のPR試食会、北京で開催 購買力向上で需要高まる 海洋経済がテーマの地域発展プラン 国内初

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報などの掲載依頼を受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-6536-3679 / fax:86-10-6536-8386

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)