中国語版へ

Vol.70(2011/07/05発行)

【特集】

中国高速鉄道の海外特許申請 懸念高まる日本

これまでずっと中国の高速鉄道を「中国版新幹線」と呼んできた日本では、「京滬高速鉄道が米国、日本、欧州などの5カ国・地域で技術特許を申請する方針」とのニュースが、各界に高い緊張感をもたらしている...

復興再建を続ける日本観光産業 中国にSOS

日本観光産業は復興再建に努力しており、現在は被災地以外の地域は安全だ。日本は今回の博覧会を契機として、中国での宣伝・キャンペーンを強化し、より多くの中国人観光客に日本を旅行してもらいたい...

【中日対訳】

               
【ニュース】
在日留学生、かつてない就職氷河期 各地で就職支援 ぜいたく品の輸入関税引き下げめぐり、様々な対立意見
中国自動車市場、下半期の業績好調が見込まれる10の理由 海外メディア:中国は高速鉄道を誇りとする理由がある
今後5--10年の中国経済の10大特徴 中国の特色ある高速鉄道開発体制、他国の追随許さない
「Eコマース+宅配」が中国人の消費習慣を変える 無印良品、中国市場の後押しを受け大前進
中国個人所得税法、課税最低限を3500元に引き上げる理由 上海の空港に「日本商品センター」 今年10月に開業
米国は輸出新規定で中国を排除 ツケは自分に返る 蘇寧電器がラオックスを買収、一石二鳥のダブルブランド戦略とは
日本各方面「ミニブログで中国進出を」 ラオックス、蘇寧電器の子会社に 中国に今後5年で150店舗
「不動産バブルが中国経済最大の問題」大前研一氏 名古屋銀行 江蘇省南通市に支店開業
日本産インスタントラーメンから可塑剤 香港 北京-上海高速鉄道が「大地域化」を促進
大陸部観光客の消費額が世界一 人気のぜいたく品は? 米国で生産された箸が中国に輸出 ネット上で物議
中糧集団、日本企業と提携で合弁会社を設立へ パナソニックなど外国産浄水器が不合格、ヒ素の基準超過も
安くて便利な「レンタル生活」が中国で流行 大卒者の就職先人気ナンバーワンは国有系企業
WTO加盟から10年の今日と明日 日本スパコンが中国から世界一奪回 何を意味する?

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報などの掲載依頼を受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected]eopledaily.com.cn / tel:86-10-6536-3679 / fax:86-10-6536-8386

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)