中国語版へ

Vol.100(2012/11/05発行)

【特集】

日本企業の脱中国化、虚と実を分析

 閉幕したばかりの第112回中国輸出入商品交易会(広州交易会、略称は広交会)において、日本のバイヤーが前回比29.4%減となった。「読売新聞」はこれとほぼ同時に、トヨタ自動車が年内に中国で減産を継続する方針を確定し、生産規模が約2割減になると報じた...

釣魚島問題、中日の損失はどちらが大きかったのか?

 日本政府や社会は現在、釣魚島(日本名・尖閣諸島)の争いをけしかけた結果引き起こされた中国側の強烈な反撃による損失を直視する勇気がないようだ。メディアは中国人の日本製品ボイコットによる日本経済への影響がどれほどだったのか、客観的に報道することができないでいる...

【中日対訳】

                   
【ニュース】
中米間に貿易戦争は起こらない 復旦大・呉教授 対日経済戦争の準備をしっかり行え
量的緩和は日本経済の低下をくい止められない 釣魚島問題が長引けば日本経済に累が及ぶ
釣魚島問題の代償 深刻な影響を受けた日系車メーカー 島争い、損失額100億円に 日本企業は中国市場を放棄?
世界経済 5-10年の低迷期に突入か 日本車が「安全保障宣言」、シェア低下の歯止めとなるか
EU在庫車の流入は中国自動車市場にとってマイナス 自動車大手トヨタとVW、EV事業に消極的
日本が2カ月連続で追加金融緩和 11兆円 身を切るような痛みの日本経済 対中輸出が大幅低下
日本企業 中国事業の縮小・撤退を検討は8% 世界の石油需要の伸び、今後5年で鈍化 IEA報告
国境を越えた技術移転は中国にも他国にもプラス ナイキの「二重基準」、487万元の罰金支払い命令
日韓鉄鋼大手「スパイ問題」めぐる裁判始まる 中国経済の安定化は世界経済復興への新たな貢献
米「337調査」は新種の貿易保護 中国企業に圧力 中国、超富裕層の人数が日本を超える クレディ・スイス報告
世界経済、将来頼るべきは女性の力?  アップル、中国市場制覇に向け取り組み強化
中国企業、マイクロソフトとアップルの包囲網を突破できるか 中国系企業は米国人の生活に深く浸透 米誌フォーブス
中国市場プランの調整を迫られる日系車 日本の所得倍増計画、中国の参考に
中国のR&D経費が増加、企業が技術革新に意欲的 中・米・露の格付け会社、国際格付け会社を設立へ
中国経済 今年は低下終わり上昇 来年は急成長 中国人社員の離職率、世界的にも高水準に
中国人留学生が急増、帰国者がエリートから一般人に トヨタの天津工場が稼働停止、日本車は活路を見いだせるか
韓国即席めんの農心、発がん性物質が検出 中国自動車市場 日系車の穴を埋めるのは誰?

発行形式

『中日経済情報週刊』はサービス運営期間中、毎月5日・20日の月2回発行し、その後、本格的に週1回の発行に切り替わります。中日間の経済・貿易に従事する関係者をはじめ、国際的な視野に立って資源を開発したい中日政府の指導者、投資家、企業家、ビジネスマン、研究者の方々への情報サービスをご提供します。

サービス運営期間中、中日両国間に関する投資、企業招致、事業プロジェクト、業界情報などの掲載依頼を受け付けております。選考されたニュースについては、中日の読者にいち速く情報が配信されます。

E-mail:[email protected] / tel:86-10-6536-3679 / fax:86-10-6536-8386

人民日報社概況 | 人民網について | 日本語版について | ORI国際産学研究について | 広告受け付け | 情報調査研究 | ご意見・お問合せ

◎本刊に掲載の記事の著作権は人民網日本語版にあるか、著作権者が人民網日本語版の使用を許諾したものです。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。(特別注記を除く)