人民網 日本版 政治 経済社会科学技術国際中日飛鴻
文字 過去の記事


 2008年北京五輪の開催国として、中国代表選手らはアテネ五輪の戦いで好成績を残すために全力を尽くし、優れたスポーツ道徳を示してくれるだろう。また、各国との交流の強化を大事にしながら互いの友好と理解を深め、他の国や地域のスポーツ競技開催の経験を学び、わが国の競技レベル向上に努力することだろう。
 中国代表選手らの健闘を祈る!


メダルランキング(8月30日まで)
国別
アメリカ 35 39 29
中国 32 17 14
ロシア 27 27 38
オーストラリア 17 16 16
日本 16 9 12
 


アテネ五輪最終日の29日夜、テコンドー女子67キログラム超級の決勝が行われた。中国の陳中は優勝し、アテネにおける中国の活躍を有終の美で締めくくった。今大会で中国が獲得した金メダルは32枚。


アテネ五輪バレーボール女子決勝が現地時間28日に行われ、2時間余りの激戦のすえ中国が3‐2でロシアを下し優勝した。全5セットのスコアはそれぞれ、28‐30、25‐27、25‐20、25‐22、15‐12。中国代表チームの金メダルはこれで31枚目。団体競技では初の金メダルだ。


アテネ五輪テコンドー女子49キロ級の決勝が26日夜に行われ、中国台北の陳詩欣選手がキューバの選手を6対4で破り、優勝した。中国台北が五輪で金メダルを獲得するのは史上初めて。


アテネ五輪の男子3メートル飛板飛び込みの決勝が24日行われ、中国の彭勃が787.38点をマークし、金メダルを獲得した。


アテネ五輪のレスリング女子フリースタイル72キロ級の決勝が23日行われ、中国の王旭がロシアのグーゼル・マニウロワを下し、優勝した。


  アテネオリンピック大会
アテネ五輪閉幕 五輪旗は北京へ
人民日報社説 「五星紅旗を誇りに思う」

  人民日報は30日、社説「五星紅旗を誇りに思う」を発表し、アテネ五輪における中国代表選手のすばらしい成績を祝福した。社説の骨子は次の通り。 アテネ五輪は億万の中国人の心を揺すぶった。五輪の競技会場に五星紅旗(中国国旗)が掲げられ、国歌が流れる度に、人々の心は高ぶり、士気は奮い立った。


  

中国代表の活躍

テコンドーの陳中、アテネ「有終の美」の金
アテネ五輪バレーボール女子、中国が逆転勝ちで金
アテネ五輪女子1万メートル ケイ慧娜選手が金
アテネ五輪男子110メートル障害 劉翔選手が金
五輪女子3m飛板飛び込み、中国が金銀独占
中国台北に初の五輪金メダル
彭勃、男子3m飛板飛び込みで金メダル
王旭、五輪女子レスリングで中国初の金メダル
体操男子種目別、あん馬で滕海浜が金メダル
卓球女子シングルス、張怡寧が金メダル
       次のページ


中国の金メダリスト

金メダリスト:女子バレーボール金メダル、中国・陳忠和監督
金メダリスト:テコンドー女子67キロ超級金メダル、陳中選手
金メダリスト:男子10メートル高飛び込み金メダル、胡佳選手
金メダリスト:テコンドー女子67キロ級金メダル、羅微選手
金メダリスト:カヌーレーシング男子カナディアンペア500メートル金メダル、孟関良選手、楊文軍選手
金メダリスト:陸上女子1万メートル金メダル、ケイ慧娜選手
金メダリスト:五輪女子3m飛板飛び込みメダル、郭晶晶選手
金メダリスト:男子3M飛び板飛び込み金メダル、彭勃選手
金メダリスト:レスリング女子フリースタイル72キロ級金メダル、王旭選手
金メダリスト:体操男子あん馬金メダル、滕海濱選手
       次のページ


写真で見る五輪

アテネ五輪閉幕 五輪旗は北京へ
アテネ五輪開会式 史上空前の盛り上がり
アテネ五輪選手村の中国人ボランティア
北京の町角に電光掲示板 金メダル獲得数を表示
アテネ五輪 記念グッズ商戦はやスタート
米の五輪記念バッジ収集王、ブラウンさん
さわやか「中国スマイル」 選手村の名物に
アテネで北京五輪のPRを開始 北京五輪組織委
アテネ五輪、中国代表団の旗手はNBAの姚明に
アテネ五輪中国代表団、選手村で国旗掲揚
       次のページ


その他関連報道

人民日報社説 「五星紅旗を誇りに思う」
アテネ五輪、中国人選手のドーピングはゼロ
アテネ五輪間もなく閉幕 中国金メダル総数で2位
アテネ五輪、中国の金メダル計31枚に
霍英東・政協副主席、五輪優勝者に賞金8万ドル
アテネ五輪 中国の躍進は国家発展の自信が要因
国際フェンシング連盟 誤審の審判員の資格剥奪
中国銀行、北京五輪の協賛銀行に
アテネ五輪開会式 中国選手団は78番目に入場
世界のチアリーダーが香港で巡回公演
       次のページ


競技場紹介

競技場紹介:アノリオシアホール
競技場紹介:ファリロンスポーツパビリオン
競技場紹介:平和友好競技場(ピースアンドフレンドシップスタジアム)
競技場紹介:テニスセンター
競技場紹介:ニケア重量挙げホール
競技場紹介:ペロドローム
競技場紹介:野球センター
競技場紹介:ファリロンビーチバレーセンター
競技場紹介:スキニアス・ボートカヌーセンター
競技場紹介:ガラツィ・ホール
       次のページ

広告 リンク集 about us スタッフ募集 サイトマップ 著作権

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。
Tel:日本(03)3449-8256  北京 (010) 6536-8365  MAIL:info@peopledaily.co.jp