人民网首页人民網ホームページ

中国から世界へ 「一帯一路」5周年、物流企業が新たなチャンス迎える

「一帯一路」との連携を探り始めた日本

2018年になると、中国と日本の関係回復への期待がますます高まり、両国首脳の相互訪問の条件も徐々に整い、両国企業の協力もより多くのチャンスを迎えている。これまでずっと「一帯一路」イニシアチブには参加しない、協力しないと強調してきた安倍晋三内閣だが、17年には微妙な変化がいろいろみられるようになった。

世界と発展のチャンスを分かち合う「一帯一路」

英紙フィナンシャル・タイムズ電子版はこのほど「『一帯一路』は中国版マーシャル・プランではない」との見出しの記事を掲載した。記事は「『一帯一路』構想の精神は世界運命共同体の構築という価値観を強化した。…

中国から世界へ 「一帯一路」5周年、物流企業が新たなチャンス迎える

5日午前2時35分、順豊航空公司の深センとチェンナイ(インド)を結ぶ大重量貨物機が深セン宝安空港から離陸し、5時間以上の飛行を経て目的地に到達した。これは同社のチェンナイを目的地とする初の大重量貨物機路線であり、深センとインドを結ぶ初の貨物直行便でもある。…

「一帯一路」との連携を探り始めた日本

2018年になると、中国と日本の関係回復への期待がますます高まり、両国首脳の相互訪問の条件も徐々に整い、両国企業の協力もより多くのチャンスを迎えている。…

日本が「一帯一路」との連携に積極的な姿勢を示すようになったワケは?

2017年以降、日本の対中外交の風向きが変わり、両国関係が改善に向かっている。…

フランスが「一帯一路」建設への支持を高らかに表明する理由

新年を迎えて間もないこの時期、フランスのマクロン大統領が古代シルクロードの起点である西安を訪れ、初の中国公式訪問をスタートさせた。…

日本、「一帯一路」協力に前向き

日本の安倍晋三首相は10日、「一帯一路(the Belt and Road)」イニシアティブへの協力について、「個別の案件について、きちんと日本で対応できるものは対応したい」と述べた。…

「一帯一路」初期事業評価報告が発表

『「一帯一路」初期事業動態評価報告』(以下「報告」)が15日、北京で発表された。報告は「五通」を主軸に、ハード面の連結とソフト面の連結の両観点から6つの「一級指標」、19の「二級指標」、81の「三級指標」からなる動態評価指標システムを示した。…

張高麗副総理が「一帯一路」政策会議で談話

「一帯一路」建設推進政策会議が16日に北京で開かれ、張高麗副総理が議長を務め、談話を発表した。…

「一帯一路」参加国に良好な投資チャンス 米機関

米国の資産運用会社クレーンシェアーズが16日に発表した報告書によると、「一帯一路(the Belt and Road)」参加国はインフラ設備と経済発展のための非常に大きな投資ニーズがあることから、今後、良好な投資チャンスを迎え入れることになるという。…

「一帯一路」参加国との貿易額が7.4兆元を突破

2017年には「一帯一路(the Belt and Road)」の建設が全面的実務協力という新たな段階に突入した。商務部(商務省)が25日に発表したデータをみると、「一帯一路」の経済貿易協力が著しい成果を上げ、昨年の中国と参加国との貿易額は7兆4千億元(1元は約17.3円)に達して、前年比17.8%増加した。…

「一帯一路」での中英協力強化に大きな潜在力

外交部(外務省)の華春瑩報道官は30日の定例記者会見で、メイ英首相の訪中についての質問に「『一帯一路』の枠組での中英の実務協力強化には大きな潜在力と将来性があり、両国及び両国民にプラスであるのみならず、世界経済の持続的回復の助けにもなる」と表明した。…

「一帯一路」は中日協力の新たな道を切り開く

「一帯一路」(the Belt and Road)は中国と日本の関係の改善・回復に向けた有効な取っ掛かりになる。今後は中日関係のバージョンアップ・拡大における重要分野になり得る。「一帯一路」建設は日本の参加を歓迎するし、「一帯一路」への参加は日本にも極めて大きなビジネスチャンスと利益をもたらすことになる。「経済日報」が伝えた。…

専門家「中日の第三国協力は時宜を得たもの」

日本は昨年から対中関係で前向きなメッセージを発し、中日関係は多少改善された。王毅国務委員兼外交部長(外相)は16日に招待を受けて訪日し、河野太郎外相と「両国企業による第三国市場協力の促進」に関して共通認識にいたった。…

アフガニスタン首都・カブールで行われた記者会見でスピーチをする、国際医療救援チームのリーダーで、中国赤十字基金会の常務副理事長兼秘書長の孫碩鵬氏(4月17日撮影・代賀)。

中国赤十字がアフガニスタンの先天性心臓病患者の中国での治療を発表

中国赤十字国際医療救援チームは17日、アフガニスタン首都・カブールで、「天使の旅--『一帯一路(the Belt and Road)』大病患者の人道救助計画」に基づき、第2陣となるアフガニスタンの先天性心臓病患者25人が中国で治療することを発表した。新華網が伝えた…

国家国際発展協力署設立 大国の責任感を示す

国家国際発展協力署は18日、除幕式と設立大会を開いた。同機関の設立は、これまでの商務部(商務省)の対外援助活動の職責、外交部(外務省)の対外援助調整などの職責を整理統合するものだ。…

写真ニュース