人民網日本語版>>中国語教室

「懐古厨」に科学的根拠?14歳に聞いた曲が「人生のベスト」か 

“爷青回”找到科学依据?研究称人们最爱听14岁时喜欢的歌曲

人民網日本語版 2021年01月06日08:41

“爷青回”找到科学依据了?据一项最新科学研究显示,人们在14岁上下听过的歌曲往往会成为“毕生所爱”。

「懐古厨」に科学的根拠が見つかった?最新の科学研究によると、人々は14歳頃に聞いた曲が「人生のベスト」に選ばれやすいという。

英国《每日邮报》1月3日报道称,英国杜伦大学的研究人员选取了470名18岁到82岁的志愿者,并让他们对1950年至2015年的111首曲目进行评分,问卷题目包括“对这些曲目是否熟悉或喜欢”“这些歌曲是否能触 发对往事的回忆”等。结果显示,志愿者们普遍对其青春期时收听的歌曲感触较深,在14岁前后这个人生节点更是“怀旧感爆棚”。

3日付英紙「デイリー・メール」によると、英ダラム大学の研究者は18−82歳のボランティアを470人集め、1950年から2015年までの111曲を評価させた。アンケートの項目には「これらの曲をよく知っているまたは好むか」「これらの曲で昔あったことを思い出すか」などがあった。その結果によると、ボランティアはいずれも青春時代に聞いた曲に思い入れがあり、特に14歳頃という人生の節目については「懐古感満載」だ。

研究人员表示,青春期往往是人们形成自我认同和价值观念的重要阶段,而人们往往也是在这个人生的重大转型期加大了对音乐的理解,因此会对这一时段听过的歌曲格外记忆深刻。报道称,这项研究还对老年痴呆 症患者的护理具有一定意义,今后医护人员可以通过“最熟悉的老歌”来唤起该类患者的早年记忆,从而缓解疾病所带来的焦虑感和行为异常。早前有研究显示,部分阿尔茨海默病晚期患者对喜爱的音乐有所反应,会伴随着旋律吟唱或打节拍。

研究者は、「青春時代は人々が自己認識と価値観を形成する重要な時期である一方で、この人生の重大な転換期に音楽への理解を深めることが多いため、この時期に耳にした曲が特に深く記憶に刻まれる」としている。報道によると、この研究は認知症患者の介護に対して一定の意義を持つ。医療従事者は今後、「最もなじみの懐メロ」によりこれらの患者の若い頃の記憶を呼び覚ますことで、疾病による焦りや行動の異常を和らげることができる。これまでの研究によると、一部のアルツハイマー末期患者は好きな音楽に反応を示し、メロディを聞きながら歌うか手拍子をするという。

コメント