長年にわたり、中国ではごく普通の、愛らしい日本の若者たちが常に活躍してきた。彼らは自身の知識と熱意を中国の地に捧げてきた。彼らの中には社会人になったばかりの若者もおり、中国語もほとんど話せないものの、努力と楽観的な姿勢で、異国の地で人としての価値を実現させようとしている。日本国際協力機構(JICA)が中国に派遣するボランティアたち、それがこうした若者たちだ。ボランティアたちは通常、1~2年間中国に滞在し、そのほとんどが条件的にも厳しい遠隔地や貧困地域へと派遣され、そこで教育や医療といった業務に従事し、現地の人々と一緒に生活する。人民網日本語版では「中国の日本人ボランティア」コンテンツにおいて、こうした日本人ボランティアたちが中国で経験したエピソードや思いを紹介する。

中国の日本人ボランティア

秋吉楓さん:ヒトを繋いだ2年間

    2年前、環境教育隊員というのは周囲の学校やコミュニティでごみ分別や堆肥作りのワークショップを開催“すべき”と思い込んで中国に赴任した。しかし、いざ配属先に着任すると配属先のレベルは非常に高く、環境分野のエキスパートでもない私に一体何ができるのか、自分は一体何をすべきなのかわからなくなり落ち込んで悩んだ...

ボランティアの姿

職種別ボランティア記事