2017年3月15日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中国語教室

故宮の開放面積、2025年に85%に 故宮博物院院長

单霁翔:2025年故宫开放面积达85%

人民網日本語版 2017年03月07日10:52

全国政协委员、故宫博物院院长单霁翔每年提交的提案都与文化遗产保护相关。今年他又带来了16份与故宫、文物保护相关的提案。此前在接受媒体采访时,他曾说:“用提案呵护文化遗产,是责任,也深感自豪。”

单霁翔表示,有信心能够在2020年之前把所有的古建筑修完、对外开放。现在开放的面积,在过去三年,每年扩大十个百分点以上,以后扩大不会更快了,越到最后越艰难,到2020年以后能开放到80%以上。根据总体规划,到2025年故宫一百年院庆的时候,能达到85.02%的目标。

全国政協委員を務める故宮博物院の単霽翔院長が毎年提出している提案事項はいずれも、文化遺産保護に関連したものだ。同院長は今年も、16件に上る故宮と文化財保護に関する提案を提出した。メディア取材に対し、単院長は、「提案によって文化遺産を保護することは、我々の責任であると同時に、大きな誇りであるとも感じている」と話した。

単院長は、「2020年までに、すべての旧建築物の修復を完了し、一般公開する自信がある。すでに開放している部分の面積は過去3年で、毎年10ポイント以上拡大してきたが、今後このスピードがさらに加速することはないだろう。最終部分に近づくほどより難しくなっていくからだ。2020年には、開放率を80%以上とする予定だ。全体計画によると、故宮創立100周年にあたる2025年までに開放率を85.02%とすることが目標だ」と述べた。

「人民網日本語版」2017年3月7日

 

コメント

刘鈴   2017-03-11125.80.130.*
文化遺産保護は大事なことになっていきます。大学生としてどんなことができますか。