2017年3月9日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

中国外交部長 大国は「指導」を語るより「責任」を重んじるべき

人民網日本語版 2017年03月09日10:40

pre
next

中国の王毅外交部長(外相)は8日の両会記者会見で「国家を指導する国と指導される国とに分けるべきだとは思わない。中国は大国も小国も一律に平等だと一貫して主張している。だが大国はより多くの資源、より大きな能力を持っており、一層の責任を担い、一層の貢献をするのが当然であり、『指導』を語るよりも『責任』を重んじるべきだ」と表明した。人民日報が伝えた。

王部長は「国連は現代世界で最も権威と信頼性を備えた政府間国際組織であり、国連憲章の趣旨と原則に基づき、国際問題処理の機能をしっかりと発揮するべきだ。国連安保理常任理事国として、中国は国際平和・安全維持のために果たすべき義務を履行したいと考えている。世界第2の経済大国として、中国は世界経済の成長促進にしかるべき貢献を果たしたいと考えている。最大の発展途上国として、中国は数多くの途上国の正当な権益を守るために一層の役割を発揮したいと考えている」と表明した。

現在、中国はすでに世界第2の経済大国、最大の製造業国、製品貿易国となっている。中国の発展と世界の前途命運はかつてないほど緊密に結びついている。2013年3月、中国の習近平国家主席は北京でBRICSメディアの共同インタビューに応じた際、「中国人は愛国主義を重んじると同時に、国際的な視野と度量も備えている。国力のたゆまぬ増強に伴い、中国はできる範囲内で一層の国際的な責任と義務を担い、人類の平和と発展の崇高な事業に一層の貢献を果たす」と述べた。

中国の楊潔チ国務委員は以前、人民日報への寄稿「国際的な責任と義務を積極的に担う」で、国際的な責任と義務を積極的に担うことは中国の特色ある大国外交にとって当然のことだと表明した。中国の特色ある大国外交の探求と推進に伴い、責任ある大国としての中国の役割は日増しにはっきりと示される。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年3月9日

人民網日本語版LINE公式アカウント開設人民網日本語版LINE公式アカウント開設

関連記事

関連特集

图片列表

コメント

おすすめ