2017年3月17日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中国語教室

ヨーグルトは夜に食べるのが健康的

专家:晚上饮用酸奶更易吸收

人民網日本語版 2017年03月17日13:56

 酸奶是一种含有活性乳酸菌等有益成分的牛奶制品,能够有效促进肠胃蠕动,并为人体补充钙、蛋白质、维生素等营养物质。相比于空腹状态,饭后饮用酸奶效果更佳。酸奶易刺激胃肠道排空,人若在空腹状态下饮用,会使其中的营养物质来不及被彻底消化、吸收就被排出。而选择在饭后30分钟到2个小时之间饮用,酸奶则有机会同食物一起在胃肠中被慢慢地消化、吸收。

 中医建议,酸奶宜晚上饮用,因为晚上饮用能发挥其补钙的最大功效。晚间12点至凌晨是人体血钙含量最低的时候,在这一时间段,人体内影响钙吸收的因素也较少,故有利于酸奶中钙成分被有效吸收。

ヨーグルトは活性乳酸菌など体にいい成分が含まれる乳製品で、胃と腸の活動を促し、カルシウム、タンパク質、ビタミンなどの栄養素を補給できる。空腹の状態よりも、食後に食べる方が効果的だ。ヨーグルトは胃と腸の活動を刺激するため、空腹時に食べると栄養分が十分に消化・吸収されないうちに排出されることになるので、食後30分から2時間内に食べることで、食物と共に胃腸でゆっくりと消化・吸収される。

中国医学の医師はまた、夜にヨーグルトを食べるようアドバイスしている。これはカルシウム補給の効果を最大限に発揮できるからだ。夜12時から早朝は人体の血中カルシウム濃度が最も低い時間帯だ。この時間帯であれば体内でカルシウムの吸収に影響を及ぼす要素が少なく、効果的に吸収されやすい。

「人民網日本語版」2017年3月17日

コメント