2017年3月20日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中国語教室

北京市、石炭燃焼による発電の時代終幕へ

北京终结燃煤发电时代

人民網日本語版 2017年03月20日14:25

 3月18日上午9时42分,伴随着4号机组长刘勇按下操控室的红色打闸按钮,华能北京热电厂最后一座大型燃煤机组停机备用,北京本地发电正式进入无煤时代,北京也成为全国首个全部实施清洁能源发电的城市。

经了解,燃煤机组停机备用后,每年可削减燃煤约176万吨,相应减少二氧化硫排放约91吨、氮氧化物排放约285吨、粉尘排放约110吨,对北京市大气污染治理具有重要意义。

4号機チーム長の劉勇氏が18日午前9時42分、制御室の赤いボタンを押すと、華能北京火力発電所の最後の大型石炭燃焼発電機が稼働を停止した。これにより北京の発電は正式にゼロ石炭時代を迎えた。北京もはまた、全国初のクリーンエネルギー発電を全面的に実施する都市となった。

発電機の稼働停止により、石炭燃焼を毎年約176万トン削減できる。これはCO2排出量を約91トン、窒素酸化物排出量を約285トン、粉塵排出量を約110トン削減することにつながり、北京市の大気汚染改善に対して重要な意義を持つ。

「人民網日本語版」2017年3月20日

 

コメント