2017年6月19日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>写真>>社会

畑から人々の食卓まで 広東から香港への輸出野菜の旅

人民網日本語版 2017年06月19日15:45

東莞全農沙腰香港提供野菜基地で、野菜畑の見回りをする植物保護スタッフの塗瑞全さん(6月13日撮影・毛思倩)。東莞全農沙腰香港提供野菜基地で、前日の注文を受けて自分が請け負う畑からヒユナを刈り取る東莞市石碣鎮の農家の宋栄田さん(6月13日撮影・毛思倩)。東莞全農沙腰香港提供野菜基地で、ヒユナの質をチェックする東莞出入境検験検疫局植物検疫科の朱桂周副科長(6月13日撮影・毛思倩)。東莞市潤豊国際野菜交易センターで、野菜サンプルが作業台に置かれる様子(6月13日撮影・毛思倩)。野菜は最初に第三者検査員によるクイックテストを受けて、農薬が基準値を超えていないかどうか調べる必要がある。東莞市潤豊国際野菜交易センターで、運ばれてきた野菜を加工する作業員(6月13日撮影・毛思倩)。深セン文錦渡口岸で、貨物トラック内の野菜の抜き取り検査を行う深セン文錦渡出入境検験検疫局の作業員(6月16日撮影・毛思倩)。香港地区に到着した、香港地区に提供される野菜を運ぶ貨物トラック(6月16日撮影・毛思倩)。香港地区の中心街のある八百屋まで野菜を運ぶ宅配員(6月16日撮影・毛思倩)。香港地区の中心街のある八百屋で、包装したヒユナを棚に並べるスタッフ(6月17日撮影・毛思倩)。
pre
next

広東省と香港地区の人の往来や貿易の頻度がここ数年、ますます高くなってきている。深セン海関(税関)のデータによると、口岸(出入国検査場)から輸出された新鮮な野菜や果物、生きた食用家禽類などが香港地区の市場を占める割合は85%以上となっている。香港祖国復帰20周年を迎える今年、広東省東莞市から香港地区まで野菜が届けられる道のりを取材した。新華社が伝えた。(編集YK)

「人民網日本語版」2017年6月19日

人民網日本語版LINE公式アカウント開設人民網日本語版LINE公式アカウント開設

関連記事

图片列表

コメント

最新コメント

おすすめ