• 习主席出访俄德
2017年7月14日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中国語教室

北京中関村の起業地区にコックピット型「睡眠施設」

北京中关村创业空间现“共享睡眠”太空舱 上班族开启午睡模式

人民網日本語版 2017年07月14日10:19

北京中关村创业空间现“享睡空间”太空舱。据工作人员介绍,该共享休息仓于6月设立。使用者可通过扫描二维码“入仓”休息。目前价格分时段设置,高峰期每10元半小时,非高峰期每6元半小时。使用者可通过扫描二维码“入仓”休息。舱内提供空调,阅读灯,一次性床品,以及紫外灯消毒。舱内还设有紧急出舱门,以防设备故障。据悉,该共享睡眠仓中午为高峰期,晚间则成为加班一族过夜休息的“旅馆”。

北京中関村の起業地区にロケットのコックピットのような「睡眠施設」が登場した。店員によると、この施設は今年6月にスタートしたばかりという。利用者は同施設のQRコードをスキャンしてコックピットに入り、思い思いに休息をとる。料金は分刻みに設定され、ピークの時間帯は30分で10元(約167円)、それ以外の時間帯は同6元(約100円)になる。コックピット内にはクーラー、読書灯が備わり、利用ごとに内部は紫外線消毒される。また緊急時の非常ドアも備わり、設備の故障時にも安心だ。利用のピークは昼頃で、夜は残業族が一夜を過ごす「旅館」になる。

「人民網日本語版」2017年7月14日

 

コメント

最新コメント