2017年8月10日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中国語教室

中低速リニア試験車両、時速120キロ走行試験に成功

人民網日本語版 2017年08月10日14:15

中国中车大连公司8日对外通报称,由中车大连公司与西南交通大学联合研制的新一代中低速磁浮试验车已完成时速120公里的运行试验。该车最高运行时速可达160公里,最小平面曲线半径50米,最大坡道100‰。

中低速磁浮交通属于中等运量交通制式,具有振动噪音小、爬坡能力强、转弯半径小等优势,其速度、弯道和坡道这三项综合技术指标,是目前其他单一制式轨道交通无法同时实现的。

据介绍,新一代中低速磁浮列车有望实现最大运行时速160公里,且能显著缓解车轨耦合振动,提升系统的竞争力,拓展中低速磁浮的适用范围;有望用一种轨道交通制式覆盖时速160公里以下城市中等运量客运需求,实现城市-城郊快捷联通。

中国中車大連公司は8日、同社と西南交通大学が共同開発した次世代中低速リニア試験車両が、時速120キロ走行試験を終えたと発表した。同車両の最高走行時速は160キロ、最小平面曲線半径は50メートルで、最大100‰の登坂能力を持つ。

中低速リニア交通は、中等輸送量交通方式で、揺れと騒音が小さく、登坂能力が高く、小回りがきくといった特長を持つ。同時に速度・カーブ・登坂という3つの総合技術指標の実現は、その他の単一方式レール交通では実現不可能なものだ。

次世代中低速リニア列車は、最高走行時速160キロを実現する見通し。また列車とレールの結合振動を大幅に低減し、システムの競争力を高め、中低速リニアの適用範囲を広げる。レール交通方式により、時速160キロ以下の都市中規模乗客輸送の需要を満たし、都心と郊外の間の移動時間がより短縮される。

「人民網日本語版」2017年8月10日

 

コメント

最新コメント