人民网首页人民網ホームページ

40年間で天と地がひっくり返るほどの大発展 小島康誉氏

新疆維吾爾自治区人民政府文化顧問、烏魯木斉(ウルムチ)栄誉市民、新疆大学名誉教授など、様々な肩書を持つ小島康誉氏は、新疆維吾爾(ウイグル)自治区をこれまで150回以上訪れており、中国側と協力し、文化財の保護や研究、人材育成などの分野において尽力し、中日両国の相互理解に貢献してきた。小島氏はこのほど人民網の取材に応じ、中国に興味を持ったきっかけや新疆の今後の発展などについて語った。

30年もの長きにわたり中国の人材養成に尽力 笹川陽平氏

公益財団法人笹川平和財団の笹川日中友好基金は1989年に設立された、中日間の最大の民間基金であり、これまで幅広い分野において中日友好交流事業の促進に尽力してきた。同財団の名誉会長である笹川陽平氏(日本財団会長)は、このほど人民網の取材に応じ、中国を初めて訪れた際の印象、中国のめざましい発展ぶりなどについて語った。

インタビュー取材を受ける小島康誉氏(撮影・武藤友真)。

40年間で天と地がひっくり返るほどの大発展 小島康誉氏

新疆維吾爾自治区人民政府文化顧問、烏魯木斉(ウルムチ)栄誉市民、新疆大学名誉教授など、様々な肩書を持つ小島康誉氏は、新疆維吾爾(ウイグル)自治区をこれまで150回以上訪れており、中国側と協力し、文化財の保護や研究、人材育成などの分野において尽力し、中日両国の相互理解に貢献してきた。…

インタビュー取材を受ける笹川平和財団名誉会長の笹川陽平氏(日本財団会長、撮影・武藤友真)。

30年もの長きにわたり中国の人材養成に尽力 笹川陽平氏

公益財団法人笹川平和財団の笹川日中友好基金は1989年に設立された、中日間の最大の民間基金であり、これまで幅広い分野において中日友好交流事業の促進に尽力してきた。同財団の名誉会長である笹川陽平氏(日本財団会長)は、このほど人民網の取材に応じ、中国を初めて訪れた際の印象、中国のめざましい発展ぶりなどについて語った。…

インタビュー取材を受ける国際貿易研究所研究主幹の江原規由氏。

日本と中国の関係改善が世界経済に貢献 江原規由氏

国際貿易研究所の研究主幹を務める江原規由氏は、1975年に日本貿易振興会(JETRO)に就職し、1977年に香港留学。その後、日中経済協会、ジェトロ・バンコクセンター駐在などを経て、1993年に大連事務所の初代所長に就任し、1998年に大連旅順市から名誉市民の称号を受け、海外調査部中国・北アジアチームリーダーとなった。このほど江原氏は人民網の取材に応じ、中国に興味を持ったきっかけ、中国を初めて訪れた際の印象、中日の今後の経済交流などについて語った。…

インタビュー取材を受けるJST上席フェローの沖村憲樹氏。

日中が相互協力しあうウィンウィンの関係を築く 沖村憲樹氏

日本科学技術振興機構(JST)上席フェローの沖村憲樹氏は、日本・アジア青少年サイエンス交流計画「さくらサイエンスプラン」の発起人であり、長年にわたり中日両国の科学技術分野における交流や協力を積極的に進めてきた。このほど沖村氏は人民網の取材に応じ、中国に興味を持ったきっかけ、中国を初めて訪れた際の印象、今年ちょうど40周年を迎えた中国の改革開放に対する見方などについて語った。…

インタビュー取材を受ける中央大学文学部教授の飯塚容氏。

中国と日本は互いの良い部分に目を向けるべき 飯塚容氏

日本において著名な中国文学者であり、中央大学文学部の教授でもある飯塚容氏は大学在学時代から中国文学の翻訳を始め、これまでに40人以上の中国人作家の作品80作以上を翻訳し、日本における中国文化の普及という面で大きな貢献をしてきた。…

インタビュー取材を受ける松山バレエ団総代表の清水哲太郎氏(撮影・武藤友真)。

中国の人々と手を組んで未来へ進む 清水哲太郎氏

松山バレエ団はこれまで15回以上訪中公演を行っており、その代表作には中国の物語である「白毛女」がある。同バレエ団は中国と積極的に芸術交流を行っている。同バレエ団の総代表である清水哲太郎氏はこのほど人民網の取材に応じ、中国に興味を持ったきっかけ、中国を初めて訪れた際の印象、中国との芸術交流などについて語った。…

三菱電機中国総代表・富澤克行氏「中国改革開放と共に歩んだ40年」

1978年、中国共産党第十一期中央委員会第三回全体会議が開催され、中国は「改革開放」路線を進むという重要な決意を宣言し、世界に向かって大きな門戸を開いた。外資企業が続々と中国市場に参入し始めたこの年、三菱電機も初めて中国に進出し、中国のインフラ建設に強力なサポートを提供すると同時に、この豊かで肥沃な土地で急速に成長してきた。…

オリンパス中国の楠田秀樹董事長を独占インタビュー

中国の改革開放の春風に乗り、多くの外資系企業が中国に進出し、根を下ろしている。それら企業は自社の発展を追い求めると同時に、中国の関連分野の改革、進歩を促進している。日本で100年の歴史を誇る光学企業オリンパスもそのような企業の一つだ。2018年9月、オリンパス(北京)銷售服務有限公司董事長楠田秀樹が人民網のインタビューに応え、改革開放からこれまで40年の間、中国におけるオリンパスの成長と変化について語ってくれた。…

【独占インタビュー】笹川陽平会長、人材育むSylffプログラム基盤に更なる中日友好を

笹川良一ヤング・リーダー奨学基金(Sylff)中国プロジェクト25周年記念式典が先ごろ北京市の北京大学で開かれた。同式典には日本財団の笹川陽平会長をはじめ、北京大学の林建華校長や中国におけるSylff校10校から奨学生約200人が参加。…

【動画】新疆の皿うどん好きな日本人僧侶 小島康誉

「新疆は私の第二の故郷」と小島康誉氏は新疆に対して抱く深い思いを語った。小島氏と新疆との縁は30年以上におよび、新疆の巨大な変化を目の当たりにしてきた。…

日本のベンチャー企業が上海のグローバル化にチャンスを探る

改革開放スタートからの40年間、中国はさまざまな優遇政策や資源の高度な集中、広大な市場の可能性などにより、日本企業の海外投資における「主戦場」となり、有名な大手多国籍企業の対中投資局面は基本的に完成したといえる。そして近年は、中小企業やベンチャー企業の間で対中投資ブームが巻き起こっている。…

人民網の日本駐在記者の取材に応じ、新疆との深い縁、新疆の文化遺産保護に関する40年の変遷を語る小島康誉氏。

新疆を第二の故郷とし、改革開放以降の発展を見てきた僧侶・小島康誉氏

日本の浄土宗僧侶である小島康誉氏は、36年前に初めて新疆維吾爾(ウイグル)自治区を訪問し、善良で親切な地元の人々や豊富な文化遺産に魅了されてから、これまですでに150回以上同地を訪問している。…