2018年6月21日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

政治|経済|社会|文化|中日
科学|写真|動画|対訳|企画
Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

【動画】新疆の皿うどん好きな日本人僧侶 小島康誉

人民網日本語版 2018年06月21日15:51

 

「新疆は私の第二の故郷」と小島康誉氏は新疆に対して抱く深い思いを語った。小島氏と新疆との縁は30年以上におよび、新疆の巨大な変化を目の当たりにしてきた。人民網が伝えた。

小島氏はかつては日本の有名な宝石店の社長だったが、その後、得度して浄土宗の僧侶となった。1982年からは中国の新疆維吾爾自治区に心血を注ぐようになり、その後30年以上にわたって、すでに150回以上同地を訪れ、その経済や教育、文化の発展に貢献し続けてきた。こうした貢献に対し、中国文化部(省)からは「文化交流貢献賞」が授与されている。

このほど、人民網の記者は小島氏を取材し、新疆に対して抱くその思いを語ってもらった。取材の中で小島氏は終始にこやかな笑みを浮かべ、その話しぶりにも人柄がにじみ出ていた。ここでは60秒のQ&Aを通じて、そんな小島氏の知られざる一面を紹介していく。(編集TG)

「人民網日本語版」2018年6月21日 

>>【独占インタビュー

   新疆を第二の故郷とし、改革開放以降の発展を見てきた僧侶・小島康誉氏

コメント

最新コメント