2017年4月11日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

習近平主席がミャンマー大統領と会談

人民網日本語版 2017年04月11日10:58

pre
next

習近平国家主席は10日、ミャンマーのティン・チョウ大統領と人民大会堂で会談した。人民日報が伝えた。

両首脳は相互尊重と互恵・ウィンウィンの協力方針を堅持し、中国・ミャンマー関係の持続的で健全な安定した発展を推し進め、両国民に一層の幸福をもたらすことで一致した。

習主席は「中国・ミャンマー双方は上層部交流を強化し、国家統治経験の交流を深め、互いの核心的利益に関わる重大な問題で支持し合う必要がある。実務協力を深める必要がある。中国側は『一帯一路』(the belt and road)イニシアティブへのミャンマー側の積極的な支持と参加を称賛する。ミャンマー側と発展戦略の連結を強化し、貿易、投資、インフラ整備、エネルギー、農業、水利、電力、金融、国境経済協力区分野の協力を総合的に推し進め、チャオピュー経済特区など双方の重点協力事業及びコネクティビティ事業の早期実施を推し進め、今後は双方協力において教育、農村発展などミャンマーの民生分野に重点を置くようにしたい。双方は人的・文化的協力を拡充し、文化、教育、青年、衛生、観光、メディア、宗教など人的・文化的分野の交流や協力を強化し、両国の友好を支える民意の土台を突き固め続ける必要がある。国連、東アジア協力、瀾滄江-メコン川協力など多国間の場で調整を強化する必要がある。中国側はミャンマーが自らの国情に合った発展の道を歩むことを尊重する。引き続きミャンマーの国内和平プロセス推進のために建設的役割を発揮し、ミャンマー側と共に両国国境地帯の安全と安定を維持したい」と強調した。

ティン・チョウ大統領は「民族和解、経済・社会発展、民生改善に向けたミャンマー政府の努力への中国側の支持に感謝する。ミャンマーは『1つの中国』政策を堅持する。『一帯一路』建設を支持し、これに積極的に参加し、インフラ整備、国境経済協力区などの重点事業協力を強化し、両国民の親善を深め、国際・地域問題での調整と協力を緊密化したい」と表明した。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年4月11日

人民網日本語版LINE公式アカウント開設人民網日本語版LINE公式アカウント開設

関連記事

图片列表

コメント

おすすめ